東日本大震災のガレキの間を走る大阪市バスの1枚の写真

スポンサーリンク

地震の翌日に出発した大阪市営バス

2011年の東日本大震災の時が起こったのが3月11日。その翌日の3月12日(土) 11時30分 に宮城県からの要請を受け仙台市に向けて、救援物資の運搬用として市バス車両2台を出動させるとともに、先遣隊として管理職1名及びバス運転手6名を派遣するとともに、仙台市交通局における地下鉄の被害状況等を確認するため、土木職員1名を派遣しました。
バスの車内には毛布1,800枚、乾パン1万食を積み大阪から仙台まで850㎞を下道で走行。運転席以外にシートベルトがない路線バスは高速道路を走れないそうです。
16時間かけて走り3月13日には宮城県入り。

路線バスの写真で番かっこいい写真です

仙台に向けて出発したのは3月12日土曜日。土曜日だから開庁日でなく、現場の職員が上司と相談して「後で全員で怒られればいい」と見切り発車したそう。

引用元:大阪市ホームページ

この話は本当なんでしょうか。調べてみるとニュースの特集がYouTubeにあがっているものがありました。

被災地を走る大阪市バス

動画を見ると書かれていることはほぼ本当でした。疑ってすみませんでした。

動画では、
道さえあればバスは走れるわけでじゃあやりましょうか。自分たちが今できることをしよう
さらに手続きとか段取りとかあるかもわからないけれども、それは、また帰ってきてから怒られましょうかと言って出発したそうです。そしてそのあとトラックだらけの宮城県消防学校の駐車場に2台だけ路線バスがとまっている画像もかっこいいいです。

大阪市のホームページでは現在も見ることが可能です

しばらくすると記事が表示されなくなる大阪市のホームページですが、この情報は今でも見ることができます。

東日本大震災被災地を引き続き支援しています
東日本大震災でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りし、被災された皆様に心からお見舞いを申しあげます。これまで、被災自治体の要請に応え支援自治体が相互に協力し、被災自治体の応急・対策を円滑に遂行するという基本的な考え方のもと支援を行ってき..

大阪メトロ(大阪シティバス)のホームページからも見ることができる

運営が変わった大阪メトロ(大阪シティバス)でもこの情報は見ることができます。

釜石市へのバス車両の譲渡について|Osaka Metro
Osakametroの時刻表、路線、乗換案内等、総合情報サイト。大阪市交通局はOsaka Metro(大阪市高速電気軌道株式会社)としてリスタートしました。「大阪メトロ」「大阪地下鉄」ではなく「Osaka Metro」と覚えてください!

現在は大阪市営バスは民営化へ

2011年に写真のように大活躍した大阪市営バスですが、現在は民営化され大阪シティバスに。民営化されてもこの気持ちは受け継いでもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました