イベント

さよならレンコン畑!最後のレンコンHoliday!

レンコン農家を辞める日

栽培し続けたくても続けられない悔しさ

レンコン農家の梵彩さんは鶴見区でレンコンを栽培してきた農家さん。しかし今月末でレンコンの栽培ができなくなりました。

辞めないといけない理由はここに建物が建つから、周囲の農家さんはすべて農地を不動産屋さんに売ったので、接道が無くなり、また水が確保できなくなり、周りと同じように土地を手放すことにしたからです。

イベント農家の梵彩さん

そんな梵彩さんのレンコン畑で最後の収穫体験をしました。
梵彩さんと私は私が野菜屋時代の仕入れ先。当時は門真にも畑があって貴重な門真レンコンを分けていただいていたのでした。

品評会に出展した梵彩さん


野菜屋を辞めてからも交流はあり、このレンコン畑になってから鶴見区役所主催の田んぼで泥んこになるイベントなども開催

鶴見区役所主催の「田んぼでどろんこ王国」

20人以上集まった最後の収穫体験

集合場所は地下鉄鶴見緑地線の鶴見緑地駅。レンコン畑は駅から徒歩10分もかからない所にあります。なるほど不動産屋さんが欲しがるわけだ。

地下鉄長堀線鶴見緑地駅


10分ほど歩いて畑に到着。梵彩さんからレンコンの掘方の説明を受けてさっそくトライ

梵彩さんよりレンコンの掘方を教わる


もうこれでおしまいと、たくさんの方が参加してくださいました。皆さん本当にありがとうございます。

必死にレンコンを掘る子供たち


スポンサーリンク


掘ったレンコンはみんなで食べました。とれたばかりのレンコンを使っての贅沢な昼食です。

レンコンのランチ


昼食のあと再びレンコン堀を再開と思いましたが、雨がきつくなったり、雷が鳴るなどしたので、みんなで話をしてお開きになりました。
そして今月31日までとなった梵菜農園園長にありがとうの花束を贈呈式

梵菜さんお疲れさまでした。


梵彩園長ありがとうございました&今日はありがとうございました。

関連記事

  1. わがまち「防災スクール」でクロスロードゲームを
  2. ちはやあかさかに森の学校を創ろう
  3. 「これからのゆるやかなお金の流れ」にパネラーとして出ます。
  4. 1月21日に「地域公共交通活性化シンポジウム」@紀の川市
  5. 地図×デザイン×可視化 〜地域での地図データ活用でこんなことがで…
  6. 住之江区で地域の防災の話を。
  7. 2月10日住之江区で防災イベント参加します。
  8. Re:FURO OSAKA始りました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介

平井 裕三

社会資源コーディネーター

ソーシャルデザインを情報発信を切り口に多くの人に関心を持ってもらう形で実践。そのネットワークからリアルなつながりが生れ、イベントなどを企画しながら、自分も楽しみながら楽しい地域をつくる40代おやじ。
私が思うMaster of Life(人生の達人)とは
メディア掲載・講演履歴はこちらから

主な活動をサイトにして発信しています。
下記のバナーをご覧ください。

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

ピックアップ記事

お寿司が250円均一なんてうれいおす!豊崎(中津)のすしの助

中津で人気のお寿司屋さん『すしの助』【こんなお店】深夜4時まで営業して、ウニやトロなども含む全て…

「これからのゆるやかなお金の流れ」にパネラーとして出ます。

1月27日(土)に関西大学梅田キャンバスで『VALU』のイベントやります。イベントでは、聞いたこ…

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。…




PAGE TOP