はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと

普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事がきっかけで、転がり落ちることがあります。私がそうでした。そして一度転がり落ちたら状態から普通の生活に戻ることはとても大変でした。

でも、どんな時もネガティブより、ポジティブに考えるように心がけて明るくふるまいました。

どんな時でも「生きる楽しさを習得する」という事ではないでしょうか。昔から大好きだった漫画「MASTERキートン」7巻にこんなセリフがあります。

「MASTERキートン7」Chapter3 瑪瑙色の時間より

「MASTERキートン7」Chapter3 瑪瑙色の時間より

「MASTERキートン7」Chapter3 瑪瑙色の時間より

生きるのがしんどい時に20年ぶりくらいに「MASTERキートン」を読んで教えてもらった教訓です。

私もキートンさんを見習って『自分らしく生き自分色の人生を生きるために』好奇心を失わず、学び続けていきたいと思います。

皆さんもいろんな立場でいろんな人生を歩まれていると思います。私も一度つまずいた身分でけっして人にうらやましがれるような生活はしていませんが、それでも楽しみを見つけ頑張っていきます。

私たちが「当たり前」と思っていることが「当たり前」でないかもしれません。「当たり前」だと思っていることの向こう側にある、もの、こと、つながり、に気づき、「当たり前」の外側を知ること。それが私たちがこの社会で生きていく上で重要なことだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました