親の毒 親の呪縛(じゅばく)

私が人生をやり直すきっかけになった1冊

【こんな本】子供に対するネガティブな行動パターンを執拗に繰り返し、それによって子どもの人生を支配するようになってしまう『毒親』教育熱心だからと言って子どもおもいではありませんでした。この本で私は支配されていた自分の心を親から解放することができました。

『毒親』関連の本最近増えましたが、『毒親』ブームを生み出しきっかけの本だと思います。

親の毒 親の呪縛

私は小さい頃から「あなたのため、あなたの幸せを思って・・・!」を言われ育てられてきました。そしてそのことになんの疑問も感じませんでした。

しかし、親が病気になり同居をせがまれた時に、疑問がわきました。親は常に自分の都合を優先し、子どもがそれに合わせることが当たり前と言うのです。

はじめはそう言われても今まで通りそんなもんかと思っていたのですが、発病したせいか不安感が大きくて欲求は日に日にエスカレートするばかり、そんな時に、私は安冨歩先生に相談し、部屋を用意するから今すぐ家を出ていきなさいと言われたのです。

その後、家を出た私は最初はすごく不安でした。それはそうです。人生のほとんどを親に反抗するな言われ育てられてきたので、それはとても不安でした。

しかし、安冨先生にこの本を借りて読んでいくうちに全身の緊張が消えて、次の日から肩こりが治ったことを覚えています。

親との関係で悩んでいる方全員に私と同じように目が覚めるくらいの得るものがあるかはわかりませんが、興味がある方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 支援困難事例と向き合うー18事例から学ぶ援助の視点と方法
  2. 多動力
  3. ヨチヨチ父 ーとまどう日々ー ヨシタケ シンスケ
  4. お金2.0
  5. 問題は「タコつぼ」ではなく「タコ」だった!? 「自分経営」入門
  6. 稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則
  7. あなたもニュータイプになれる?行動経済学が学べる漫画「ヘンテコノ…
  8. 功名が辻

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

なんで?なんで?が大好きな情報収集系オタク。しかし関心がないことは全く学ぼうとしないために、高校時代は学力のバランスが悪かった。
経済学部卒業後、天皇が下賜してできた病院系でソーシャルワーカー10年勤め、突然Web屋を始める。そこから、取引先に騙されるなど不幸になりながら、ECサイト構築できるので自分で物販を始める。
野菜販売がヒットするも同居の親ともめ、家を出て、再度無一文に。
悲劇は繰り返される。(北斗の拳の主題歌へ)
動くものが大好きで、鉄道からエアラインなど幅広く識別できるようだが、バスだけは苦手らしい。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

ピックアップ記事

お寿司が250円均一なんてうれいおす!豊崎(中津)のすしの助

中津で人気のお寿司屋さん『すしの助』【こんなお店】深夜4時まで営業して、ウニやトロなども含む全て…

阪急南茨木にある「サン・チャイルド」と3.11

茨木市にある素晴らしい像阪急電車で南茨木駅を通過する時に、駅前のロータリーに黄色い人の形をした6…

街中のロボット4 (大阪市西成区)

街中にある何気ない物がロボットや人の顔に見えてきませんか街中でよく見かけるこのポストも一度人…




PAGE TOP