父という病

『母という病』に続く岡田尊司氏の本

子を持つ親になって、そして私自身が親の目に見えない「呪縛」に囚われていた期間が長かったからか、この手の本はよく読む。
この本は、子育てに母親は必要だという人は多いかもしれないが、では反対に父親は必要かと聞いたら何と答えるだろうか。

父という病 (一般書)

文明が高度になり社会が複雑化した現在において父親の役割は増大するはずなのに、逆に稀薄になっている。それは先生など教育を父親代わりに教える専門の人がいる仕組みができたから。

しかし、子どもの中にある父親への希求は、社会が変化したほど変わっていないのかも。

スポンサーリンク


世間のおとうちゃんは今どないがんばってるんやろうか。そんなことをずっと考えながら読んでました。うちは娘なのでエディプス期もあるし、その後の関係ももやっと心配になるんですが、この本読むといくらかは楽になりました。

でもこんな接し方でいいのかなぁ。

関連記事

  1. 京都ぎらい
  2. お金2.0
  3. 『小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙』結果発表
  4. 功名が辻
  5. 支援困難事例と向き合うー18事例から学ぶ援助の視点と方法
  6. 多動力
  7. ヨチヨチ父 ーとまどう日々ー ヨシタケ シンスケ
  8. 高熱隧道(こうねつずいどう)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

面白く生きることを夢見て今日も頑張っています。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

2018年冬の買い物はPayPay決済で娘のクリスマスプレゼントを

ここにきて急加速のQRコード決済みなさんこんばんわ。今年の冬は何か買い物する予定はございますか?…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

さようなら うめきたを走り抜ける快速

近所を歩いている時に娘が「はるか」に乗ってみたいと私の家は梅田のうら側の梅田貨物線の近くにありますが…

街中のロボット4 (大阪市西成区)

街中にある何気ない物がロボットや人の顔に見えてきませんか街中でよく見かけるこのポストも一度人…

お寿司が250円均一なんてうれいおす!豊崎(中津)のすしの助

中津で人気のお寿司屋さん『すしの助』【こんなお店】深夜4時まで営業して、ウニやトロなども含む全て…




PAGE TOP