太陽の塔の内部が48年ぶりに公開!

初日にダウンしたサーバー今はつながって予約ができます。

なんと、48年ぶりに太陽の塔の内部が公開されるそうです。インターネット先着順で2018年3月19日から5月18日までの見学分を1月19日・10時から受け付けています。

初日にサーバーダウンしたそうで、今は普通に復旧しています。予約は初日に5月18日までの予約が可能でそれ以降1日ずつ予約日が増えていき、最終9月18日(火)まで見学期間があるそうです。

スポンサーリンク

中は「生命の樹」がメインで292体の生物模型のうち、183体が復元・修復され、当時の姿で再生されるそうです。楽しみ!

興味がある方は公式サイトにアクセスを!

「太陽の塔」公式サイト(大阪府日本万国博覧会記念公園事務所)
「太陽の塔」オフィシャルサイトです。2018年(平成30年)「太陽の塔 内部再生」事業では塔の耐震工事の実施とあわせて、「生命の樹の生物群」や「地底の太陽」とともに復元し、平成30年3月に一般公開する予定です。

名称:太陽の塔
住所:〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1−1
料金:大人700円、小中学生300円(万博記念公園自然文化園入園料大人250円、小中学生70円別途要)


※太陽の塔は石原慎太郎の政党「太陽の党」とは一切関係がございません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました