高熱隧道(こうねつずいどう)

もう一つの黒部の太陽

この小説ってノンフィクションなんです。ちょうど第二次世界大戦直前の 日本電力黒部川第三発電所水路トンネル、欅平駅~軌道トンネルの工事現場の事について書かれています。

高熱隧道

この本を読んだのは私が大学生だった20年前怖くて怖くて一気に読んでしまった。その後10年以上経過して、フジテレビ開局50周年記念ドラマで香取慎吾主演の『黒部の太陽』を見て思いだして再度読みました。

この本ともう1冊。堀江邦夫さんの『原発ジプシー』はどちらもノンフィクションと言うこともあり自分と社会について考えさせられる。

学校では『蟹工船』を読書感想の課題で読まされたが、それよりも印象深い2冊です。

漫画「賭博黙示録 カイジ」読んだことある人は、地下王国ってこの本をモデルにしたんじゃないかと思うくらい似ています。

ボルシチに使う肉にウジ虫が湧いていて、から水夫が反乱を起こす「戦艦ポチョムキン」も久しぶりに観たくなりました。

関連記事

  1. あなたもニュータイプになれる?行動経済学が学べる漫画「ヘンテコノ…
  2. 問題は「タコつぼ」ではなく「タコ」だった!? 「自分経営」入門
  3. 稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則
  4. 功名が辻
  5. 『小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙』結果発表
  6. コミュニティデザイン
  7. 親の毒 親の呪縛(じゅばく)
  8. ヨチヨチ父 ーとまどう日々ー ヨシタケ シンスケ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

なんで?なんで?が大好きな情報収集系オタク。しかし関心がないことは全く学ぼうとしないために、高校時代は学力のバランスが悪かった。
経済学部卒業後、天皇が下賜してできた病院系でソーシャルワーカー10年勤め、突然Web屋を始める。そこから、取引先に騙されるなど不幸になりながら、ECサイト構築できるので自分で物販を始める。
野菜販売がヒットするも同居の親ともめ、家を出て、再度無一文に。
悲劇は繰り返される。(北斗の拳の主題歌へ)
動くものが大好きで、鉄道からエアラインなど幅広く識別できるようだが、バスだけは苦手らしい。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

ピックアップ記事

さようなら うめきたを走り抜ける快速

近所を歩いている時に娘が「はるか」に乗ってみたいと私の家は梅田のうら側の梅田貨物線の近くにありますが…

昭和湯で「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」を開催!

今年初の銭湯イベントを開催銭湯好きの人はゲストハウス木雲(もくもく)さんに集まれ!3月5日に…

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。…




PAGE TOP