下賀茂(出町柳)の出町桝形商店街と旧三井家下鴨別邸 ①

糺の森にある隠れ観光名所

「鴨川デルタ」と呼ばれる京都・出町柳の鴨川三角州近くにある『旧三井家下鴨別邸』と聞いても、何それ?と言われる人が多いと思います。実は最近一般公開になったばかりでとても良い観光スポットが糺の森にあるんです。

一般に開放れるようになったのは2016年10月から

旧三井家下鴨別邸』は元々三井家が買った土地。ここに呉服屋さんが発祥である三井家の神社があり、年に1回くらいその神社の参拝に11家の三井家一族が集まるための休憩所だそうです。
その別邸が戦後の財閥解体で国の物になり、2007年(平成19年)までは隣接する京都家庭裁判所の所長舎として使われていました。その後、競売にかけられ、取り壊される可能性もあったそうですが、近代和風建築の調査で貴重な建物とわかり保存、公開の方向で2016年(平成28年)10月から一般公開されるようになりました。

スポンサーリンク

前置きはこれくらいにして、今日京都に行く用事があったので、『旧三井家下鴨別邸』へ行くことにしました。
アクセスは公共交通機関なら京阪出町柳からすぐです。

京阪特急

車も『豆餅』で有名な出町ふたばさんの目の前に出町駐車場があるので、そこに駐車すればいいかと思います。

出町駐車場は地下にありエレベーターで地上に上がると目の前に『出町桝形商店街』が見えます。この商店街は私も大好きな商店街なので是非時間があれば往復してみてください。

私も大好き『出町桝形商店街』

出町桝形商店街』の入り口近くにはあの『豆餅』で有名な出町ふたばさんがあります。

出町ふたばさんの行列

行列を見ながら商店街に入りますが、入口にはかなりの確率のこのたい焼き屋さんが、

もしかしてあの名曲の舞台となったお店(なわけない^^;)

入って右に安くて良い品物を売っているゑびす屋スーパーさんがあります。野菜は地元京都や滋賀県産が多いので新しくて安いのは仕入れの工夫なのかもしれません。

そして左側には最強の鯖寿司屋『満寿形屋』さんが、鯖街道の終点にあるこのお店は外観からは想像できないポテンシャルが、

お持ち帰りコーナーには豊後産の極上鯖姿寿司が豊後産ってようは『関サバ』でしょう。
この極上鯖姿寿司のお値段はなんと6,000円也。

一度食べてみたいと思う方は、是非店内でうどんセットをお召し上がりください。
うどんに鯖寿司2切れ付けて1,000円で召し上がれます。ちなみにうどんセット以外に鯖寿司追加は1,000円なのでうどんセットがおススメです。
そしてこの商店街の中にあの京銘菓『阿闍梨餅』を売っているお店があります。

『阿闍梨餅』ご存知ですか?

阿闍梨餅


大阪でも大丸梅田などで買えますね。

そして映画館と書店とカフェが3つ同時に楽しめる『出町座』がありまして

むちゃくちゃオレンジ色な果物屋さん

そして商店街出口にはこんな飛び出し坊や(とびた君)が

2017年の8月は

そうここは『たまこまーけっと』の舞台となった商店街なのです。


さていよいよ旧三井家下鴨別邸へ向かいます。(続く)

名称:出町桝形商店街
住所:〒602-0822 京都府京都市上京区青龍町229
公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました