旅行

下賀茂(出町柳)の旧三井家下鴨別邸はオススメ観光スポット ②

橋を渡って旧三井家下鴨別邸へ

前回の記事

下賀茂(出町柳)の出町桝形商店街と旧三井家下鴨別邸 ①
糺の森にある隠れ観光名所「鴨川デルタ」と呼ばれる京都・出町柳の鴨川三角州近くにある『旧三井家下鴨別邸』と聞いても、何それ?と言われる人が多いと思います。実は最近一般公開になったばかりでとても良い観光スポットが糺の森にあるんです。一般に開放れるよう...

商店街を往復して「鴨川デルタ」を目指します。下の画像は2017年8月の写真です。この日は曇ってました。

橋を渡り左に曲がるとそこは糺の森の入口です。

このまままっすぐ行くと下賀茂神社ですが、

スポンサーリンク


途中に旧三井家下鴨別邸入口があります。

旧三井家下鴨別邸について

旧三井家下鴨別邸は、下賀茂神社の南に位置する三井家11家の共有の別邸として三井北家第10代三井高棟(たかみね)によって建築されました。

主屋は三井家の木屋町別邸を移築したものです。1949年(昭和24年)に財閥解体で国に譲渡され、1951年(昭和26年)から2007年(平成19年)までは隣接する京都家庭裁判所の所長舎として使われていました。その後、競売にかけられ、取り壊される可能性もあったそうですが、近代和風建築の調査で貴重な建物とわかり保存、公開の方向で2016年(平成28年)10月から一般公開されるようになりました。

入口入ると三井家についてそしてこの旧三井家下鴨別邸について説明してくださるガイドさんがいらっしゃいます。説明を聞いた後建物内を見学できますが、通常は1階と庭のみで2階3階と茶室は見学できません。
1階は撮影禁止場所はあるものの自由に見学できます。



縁側からは庭へも行けます。


庭から建物を見るとなんとも美しい姿です。


再び中に入って、庭を見ながら三井家について改めて学びました。

Wikipediaによると三井の創設者三井高利は、

高利は伊勢国松坂(現 三重県松阪市)で高俊(表記は異なるが読みは「たかとし」で高利と同じ)の四男として生まれた。江戸で釘抜三井家を創業した長兄の三井高次(三郎左衛門)に丁稚奉公し、番頭となる。のちその商才を恐れた兄達に(郷里で母親・三井殊法の面倒を見てほしいという表向きの理由をつけて)事実上放逐され、松坂で金融業を営む。

1673年、長兄高次の死後、母・殊法の許しを得て江戸本町一丁目に呉服店を開業し、屋号を越後屋(のちの三越)とする。それまでの呉服店は、代金は後日の掛け(ツケ)払いで、定価がなく客との交渉での駆け引きで売値を決める方法で、売買単位は1反単位が当たり前、得意先で見本を見せて売る方法が一般的であったのを、現金掛値無し(現金払いでの定価販売)、必要分だけ反物の切り売りし、店前(たなさき)売り(店頭で、現金を持っている人なら誰にでも販売する方法)などの新商法を導入して繁盛する。これらの方法は呉服業界においては斬新であり、顧客に現金支払いを要求する一方で良質な商品を必要な分だけ安価で販売した(ツケの踏み倒しの危険性がないためにそのリスク分を価格に上乗せする必要性がなかった)ために、顧客にとっても便利な仕組みであったのである。だが、これらの方法はそれまでの呉服店間でのルールに反するため、繁盛ぶりに嫉妬した同業者からは迫害され、組合からの追放や引き抜き、不買運動などにあい、店舗の位置を駿河町に移転することを余儀なくされる。だが、側用人牧野成貞の推薦によって幕府御用達の商人となってからは、幕府御用達店への攻撃は幕府に対する非礼に当たるため、こうした動きは影を潜めた。

なお、高利は江戸に移り住んだのか、松坂から江戸に対して指示を送っていたのかははっきりしていない。江戸の店の実務は主に長男高平らに任せていた。松坂(あるいは江戸)から後に京都に移り住んだ。

店を駿河町に移転後に両替商(三井両替店・現在の三井住友銀行の源流)も開業する。高利は両替店を活用した為替でも才能を発揮し、幕府の御用為替方を引き受けた。1694年に73歳で死去。墓所は真正極楽寺(真如堂)にある三井一族の墓地にある。

高利は長男の高平はじめ息子達や娘夫婦等に数家を創設させており、遺産はそこで共有するものとした。これが江戸期の豪商、後に財閥当主となる三井家である。

スポンサーリンク

高利は子孫のために家訓を残している。

一、単木は折れやすく、林木は折れ難し。汝等相協戮輯睦(きょうりくしゅうぼく)して家運の鞏固を図れ。
二、各家の営業より生ずる総収入は必ず一定の積み立て金を引去りたる後、はじめてこれを各家に分配すべし。
三、各家の内より一人の年長者を挙げ、老八分としてこれを全体の総理たらしめ、各家主はこの命にしたがうべし。
四、同族は、決して相争う事勿れ。
五、固く奢侈を禁ず。
六、名将の下に弱卒なし、賢者能者を登用するに意を用いよ。下に不平怨嗟の声なからしむる様注意すべし。
七、主は凡て一家の事、上下大小の区別無く、これに通暁する事に心掛けるべし。
八、同族の小児は一定の年限内に於いては、番頭、手代の下に労役せしめ、決して主人たるの待遇をなさしめざるべし。
九、商売は見切り時の大切なるを覚悟すべし。
十、長崎に出でて、夷国と商売取引すべし。

毛利家と同じように一族は喧嘩せずに支えあって危機を乗り越えようみたいなものも伺える。この旧三井家下鴨別邸が三井家11家の共有の別邸と言うのも納得する。

公式サイトにもあるように年に何度かは三階望楼特別公開ができるようで、2018年は2/15(木)~3/6(火)に3階に運が良ければあがれるようです。あがりたいなぁ・・・

旧三井家下鴨別邸 | 京都市観光協会
旧三井家下鴨別邸。2016年10月より、一般公開開始中!

旧三井家下鴨別邸はまだあまり知られていなく見学者も少ないのでお勧めのスポットです。でも段々知られて人気の場所になっていくと思います。

2階や茶室は借りることもできるのでイベントなどにいかがでしょうか

名称:旧三井家下鴨別邸
住所:〒606-0801 京都府京都市左京区下鴨宮河町58−2

関連記事

  1. 東吉野へキャンプに行きました~ ⑤
  2. 梅雨の吉野へ行こう!(その2)
  3. 東吉野へキャンプに行きました~ ③
  4. 13年ぶりに高知県柏島に行ってきました。(その2)
  5. 13年ぶりに高知県柏島に行ってきました。(その4)
  6. 東吉野へキャンプに行きました~ ①
  7. 沖縄に行ってきました。①出発編
  8. 我家の熊野詣(さようなら小栗屋さん)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

動くものが大好きで、鉄道からエアラインなど幅広く識別できるようだが、バスだけは苦手らしい。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。…

街中のロボット4 (大阪市西成区)

街中にある何気ない物がロボットや人の顔に見えてきませんか街中でよく見かけるこのポストも一度人…

さようなら うめきたを走り抜ける快速

近所を歩いている時に娘が「はるか」に乗ってみたいと私の家は梅田のうら側の梅田貨物線の近くにありますが…




PAGE TOP