イベント

琵琶湖疏水通船2/1(木)9時30分からWebで予約開始

67年ぶりに本格運行する琵琶湖疏水通船が、2/1(木)9時30分から予約受付開始

【以下公式サイトより引用】
琵琶湖疏水通船復活事業について

【引用元:琵琶湖疎水船】

疏水開削後、明治27年(1894年)に初めて琵琶湖疏水における運搬船が運航されたことを皮切りに、滋賀県・大津から京都までの間で物資を運搬するための舟運が発達し、ピーク時期となる大正14年(1925年)には、琵琶湖疏水によって年間22万2、927トンの資材が運搬され、1日当たりの通船数は150隻に達しました。
 また、資材等の運搬船だけでなく、旅客のための遊覧船も運航され、数十年にわたって旅客・貨物とも大いに利用されましたが、自動車や鉄道等の急速な発達に伴い、舟運は、徐々にその数を減らし、昭和26年(1951年)9月に大津から山科まで4.5トンの砂を輸送したのを最後にその姿を消しました。
 以来、琵琶湖疏水における舟運の復活を望む声は幾度となく挙がったものの、長きにわたってその実現には至りませんでした。

そうした中、平成25年(2013年)12月に京都市長及び大津市長の参加による船下り試乗会を行ったことを契機に、市民生活や産業・文化を支えてきた琵琶湖疏水建設の意義を多くの皆さまに改めて認識いただくとともに、新たな観光資源として京都、大津の疏水沿線だけでなく広域的な地域の活性化に寄与することを目的として、民間企業や、京都・大津両市の観光協会、商工会議所、そして両市の行政が知恵を出し合う形で「琵琶湖疏水船下り実行委員会」が平成26年(2014年)12月に立ち上がり、琵琶湖疏水における通船の本格的な復活に向けた検討を開始しました。

琵琶湖疏水における通船の復活には、その一般の河川と異なる特殊な成り立ちや形状から、多くの課題がありました。
 人口運河である琵琶湖疏水は、水深が約1mと浅いこと、断面がすり鉢状で底部の幅が狭いこと、流れが速いことや、諸羽トンネルの竣工に伴う疏水路の変更により急なカーブとなる箇所があることなど、中型・大型の船舶の運航に適さず、また小型船であっても、疏水路上の操船には非常に高度な運航技術が必要となります。さらに、船の旋回や離合についても、船溜(ふなだまり)などの限定的な場所でしか行うことが出来ないという制約があります。
 船の運航に当たっては、事前に十分な訓練を重ね、監督官庁の指導を得ながら細部にわたって安全性向上に向けた検証を行ってきたことで、安全に乗船いただける環境を整えてきました。
 そして、数年にわたる準備期間を経て、実行委員会では、平成27年(2015年)春に滋賀県大津市から京都市・蹴上までの約7.8kmの区間において、のべ16日間の「琵琶湖疏水通船復活」試行事業を実施し、64年振りに琵琶湖疏水における舟運を復活させることができました。

 その後も継続して春と秋に試行事業を実施し、専属ガイドの育成や疏水通船を組み込んだパッケージツアーの企画、疏水路の流れに逆らい蹴上から大津に向かう「上り便」の実施など、本格事業化に向けたステップアップを図ってきました。平成29年(2017年)秋、琵琶湖疏水沿線魅力創造協議会が新たに発足、平成30年春からは、いよいよ本格的な運航を開始します。

スポンサーリンク

この予約が明日2018年2月1日からインターネットにて募集開始になります。乗ってみたいなぁ。
予約は下記の公式サイトから可能です。
【公式サイト】

びわ湖疏水船【公式】
びわ湖疏水船の運航情報をご案内。ふるさと納税で琵琶湖疏水(びわこそすい)通船が復活!

【すごいわかりやすいサイトを発見】
さくらがいさんのブログ「桜貝のぶらり京都たび~京都再発見」に掲載された『琵琶湖疏水の船くだり【大津から蹴上まで】』をOpenMatomeに掲載しました。

さくらがいさんの『琵琶湖疏水の船くだり【大津から蹴上まで】』 - OpenMatome
さくらがいさんのブログ「桜貝のぶらり京都たび~京都再発見」に掲載された『琵琶湖疏水の船くだり【大津から蹴上まで】』をOpenMatomeに掲載しました。

関連記事

  1. ライフジャケット体験教室
  2. 「これからのゆるやかなお金の流れ」に参加してきました。
  3. 武藤北斗君『生きる職場』出版記念講演会。
  4. 昭和湯で「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」を開催!
  5. 大阪スマドラキックオフミーティング!
  6. ちはやあかさかに森の学校を創ろう
  7. 「これからのゆるやかなお金の流れ」にパネラーとして出ます。
  8. さよならレンコン畑!最後のレンコンHoliday!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

なんで?なんで?が大好きな情報収集系オタク。しかし関心がないことは全く学ぼうとしないために、高校時代は学力のバランスが悪かった。
経済学部卒業後、天皇が下賜してできた病院系でソーシャルワーカー10年勤め、突然Web屋を始める。そこから、取引先に騙されるなど不幸になりながら、ECサイト構築できるので自分で物販を始める。
野菜販売がヒットするも同居の親ともめ、家を出て、再度無一文に。
悲劇は繰り返される。(北斗の拳の主題歌へ)
動くものが大好きで、鉄道からエアラインなど幅広く識別できるようだが、バスだけは苦手らしい。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

ピックアップ記事

昭和湯で「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」を開催!

今年初の銭湯イベントを開催銭湯好きの人はゲストハウス木雲(もくもく)さんに集まれ!3月5日に…

「これからのゆるやかなお金の流れ」にパネラーとして出ます。

1月27日(土)に関西大学梅田キャンバスで『VALU』のイベントやります。イベントでは、聞いたこ…

『土俵と女性問題』に学ぶ緊急時に取るべき行動とは

相撲の伝統をめぐって女性問題が話題になっている 京都府舞鶴市で4日に開催された大相撲舞鶴場所…




PAGE TOP