功名が辻

昔の美談のなかに現代にも通じる話題もある

織田信長の家来だった山内一豊は後に土佐24万石の大名になったのだが、実は奥さんのおかげだった!?内助の功の代表的な話として現代にも語り継がれる一豊の奥さんお千代の話を司馬遼太郎が書いた名作。
新装版 功名が辻 (1) (文春文庫)

派手好きな信長軍団の中でみすぼらしくて有名だった山内一豊はある日城下で馬売りが連れてきた素晴らしい馬に惚れるが、10両なんてお金はとても工面できずに妻千代に愚痴を言う。すると千代は嫁入りの時に持ってきた10両を一豊に差し出し、その馬をお買いくださいという。そして、その馬は信長の目にもとまり、山内一豊は名を覚えてもらい、その後の人生が大きく変わったというお話。

土佐を手に入れてからの一豊は長曾我部家臣を恐れて、上士と郷士にわけるなど、愚策を行ったが、一国の大名になったのだから美談として読むことができます。

関連記事

  1. 父という病
  2. あなたもニュータイプになれる?行動経済学が学べる漫画「ヘンテコノ…
  3. 多動力
  4. 高熱隧道(こうねつずいどう)
  5. 支援困難事例と向き合うー18事例から学ぶ援助の視点と方法
  6. ヨチヨチ父 ーとまどう日々ー ヨシタケ シンスケ
  7. コミュニティデザイン
  8. マイパブリックとグランドレベル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

なんで?なんで?が大好きな情報収集系オタク。しかし関心がないことは全く学ぼうとしないために、高校時代は学力のバランスが悪かった。
経済学部卒業後、天皇が下賜してできた病院系でソーシャルワーカー10年勤め、突然Web屋を始める。そこから、取引先に騙されるなど不幸になりながら、ECサイト構築できるので自分で物販を始める。
野菜販売がヒットするも同居の親ともめ、家を出て、再度無一文に。
悲劇は繰り返される。(北斗の拳の主題歌へ)
動くものが大好きで、鉄道からエアラインなど幅広く識別できるようだが、バスだけは苦手らしい。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

ピックアップ記事

昭和湯で「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」を開催!

今年初の銭湯イベントを開催銭湯好きの人はゲストハウス木雲(もくもく)さんに集まれ!3月5日に…

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。…

「これからのゆるやかなお金の流れ」にパネラーとして出ます。

1月27日(土)に関西大学梅田キャンバスで『VALU』のイベントやります。イベントでは、聞いたこ…




PAGE TOP