20年変わらぬ町へマグロを食べに行く。

20代の頃に初めて行ったからもう20年かぁ(溜息)

私も随分と年を取ったなぁと最近思う。30代はまだ若かったんだけど、40歳を2倍したら80歳か。

なんでそんなノスタルジーな事を書くのかと言うとこの20年間勝浦の町はそんなに変化がないからだ。

お店は変わってるのかもしれないけど、漁港に足湯ができたくらい?それ以外は本当に変わらない町。すごいな日本。
駅前のアーケードもほぼ初めて来た20年前のまんま。

看板が以前よりは派手になったかもしれないが、他は変わらない。

海水が組み放題とは、ここで海水魚を飼育したら楽しいだろうなぁ。

スポンサーリンク

あのホテルも変わらない。従業員は船でなく、地下トンネルで通勤できると聞いた。都市伝説!?

海産物屋さんが海産物食べさせてくれるからおいしいんだろうな。

ここはちょっと新しいね

地球の平和のためによろしくお願いいたします。

国道42号線に来たら、勝浦で初めて食べたマグロ屋さん確か「ヤマキ」って屋号だったと思うけど、店が閉まっていた。

勝浦の町はこんな感じだったけど、何故か手前の湯川温泉は新しい宿がたくさんできていた。なんでだろう。
前に来た時は確か、15年くらい前だった。湯川温泉で木の枝踏んでアルテッツァがパンクしたんだった。

はじめて訪れてから20年も何回か通っている町那智勝浦、そして5.6回くらいは食べているというまぐろ料理竹原さんへ
今回初めてなのは、娘をはじめて連れてきたこと。

最近回転寿司でマグロが好物になったようで、『よし、今度お父さんがほんまもんのマグロを食べさせてやる!』と言ったことから、ここに来ました。
これが1,500円のマグロ定食。確か冬がクロマグロで夏場は違うかったと、伺った4月はクロマグロでした。

マグロ定食もおいしいですが、サイドメニュー(アラカルト)もオススメ
特にマグロの尾ひれは最高です。

娘にクロマグロどないや?と聞いたら、回転寿司のマグロの方がいいとのこと、なんでやと聞くと子どもには脂身がきつすぎることが判明しました。子どもは赤身で十分やね(笑)

店名:竹原
住所:〒649-5335 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地4丁目3−23
※お店の定休日・営業時間・電話番号など必ず公式のページ等でご確認くださいませ

関連記事

  1. 京都の隠れ家的洋食屋さん @京都市左京区一乗寺
  2. 運命の1本に出会いに「星空スタンド」へ行く(後半)
  3. 冬のキャベツは大阪産か熊本産がオススメ
  4. 神戸屋が復刻サンミー、なんともあのローレルも
  5. お寿司が250円均一なんてうれいおす!豊崎(中津)のすしの助
  6. パスタ好きのIT系社長がつくったパスタ専門店『ぱの家』@大阪市西…
  7. 私が『無農薬野菜』を食べる理由
  8. 有名ラーメン店のVIPシールを2回目でGetでした男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

面白く生きることを夢見て今日も頑張っています。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

2018年冬の買い物はPayPay決済で娘のクリスマスプレゼントを

ここにきて急加速のQRコード決済みなさんこんばんわ。今年の冬は何か買い物する予定はございますか?…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。…

ヨーロッパのベルギーで1世紀ぶりにオオカミが目撃される

1世紀ぶりにオオカミが目撃。日本のオオカミも100年近く目撃されていないのですが今月ヨーロッパの…

お寿司が250円均一なんてうれいおす!豊崎(中津)のすしの助

中津で人気のお寿司屋さん『すしの助』【こんなお店】深夜4時まで営業して、ウニやトロなども含む全て…




PAGE TOP