マイパブリックとグランドレベル

SNSで今話題の『喫茶ランドリー』。そこの企画、運営会社の社長が書いた本

今Facebookなどでよく見かける『喫茶ランドリー』の記事昨年2018年1月にOpenしたのにすでにすごい話題性です。

「喫茶ランドリー」はどうしてヤバい?市民の能動性を引き上げ、受け入れる。グラ...
グランドレベルの企画・運営で、昨年2017年12月にプレオープンし、2018年1月5日にグランドオープンした、ちょっとだけ話題となっている「喫茶ランドリー」は、ただのランドリーカフェではありません。そこには、0歳児から高齢者までの、たとえばこんな自由な使い方、...

広さ約100平米の「喫茶ランドリー」には、コーヒー、紅茶、軽食にランドリーやアイロン、ミシン付きの家事室も。
コーヒーだけでも、洗濯だけでも大歓迎。ひとりでゆっくり、友だちと楽しく、PC仕事やちょっとしたものづくり……
それぞれの時間をお楽しみください。

喫茶店なのか、ランドリーなのか、レンタルスペースなのかそんな場所なのですが、この記事で筆者も書いているのが、住民と働く人の会話が生れる場が誕生したこと。ええ言葉ですね。

そしてええ言葉はさらに続きます。

世界の魅力的なまちには、こういった状況が、まちのなかに、グランドレベルに当たり前のようにある。しかし、日本にはなくなっていく一方です。

場をつくるとか、コミュニティとか、そんな言葉に踊らされる時代はもう終わりにしなくてはいけません。いかに多くのアノニマスな市民を引き寄せ、自然と会話をしはじめる。その上で、それぞれが自由に存在できる。ささいなやる気が簡単に実現できる場がある。そういう場でまちが溢れている。それが、これからの21世紀に求められる本当のまちづくりだとわたしたちは考えています。それこそが「健康」や「幸せ」につながり、経済がより活性化していくのです。

すばらしい文章と内容(笑)感動いたしました。

そんなグランドデザインの社長田中さんお本が『マイパブリックとグランドレベル』なのです。まだ買ってないのですが、早く読んでみたいです。

ちなみに用事があり行くことができませんでしたが、2018年1月29日にスタンダードブックストア心斎橋 BFカフェで『マイパブリックとグランドレベル』刊行記念 田中元子x山崎亮トーク&サイン会があったそうです。

これは行けなかったこと、悔やまれる。

関連記事

  1. 高熱隧道(こうねつずいどう)
  2. 問題は「タコつぼ」ではなく「タコ」だった!? 「自分経営」入門
  3. 父という病
  4. お金2.0
  5. あなたもニュータイプになれる?行動経済学が学べる漫画「ヘンテコノ…
  6. ヨチヨチ父 ーとまどう日々ー ヨシタケ シンスケ
  7. コミュニティデザイン
  8. 支援困難事例と向き合うー18事例から学ぶ援助の視点と方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

なんで?なんで?が大好きな情報収集系オタク。しかし関心がないことは全く学ぼうとしないために、高校時代は学力のバランスが悪かった。
経済学部卒業後、天皇が下賜してできた病院系でソーシャルワーカー10年勤め、突然Web屋を始める。そこから、取引先に騙されるなど不幸になりながら、ECサイト構築できるので自分で物販を始める。
野菜販売がヒットするも同居の親ともめ、家を出て、再度無一文に。
悲劇は繰り返される。(北斗の拳の主題歌へ)
動くものが大好きで、鉄道からエアラインなど幅広く識別できるようだが、バスだけは苦手らしい。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

ピックアップ記事

ヨーロッパのベルギーで1世紀ぶりにオオカミが目撃される

1世紀ぶりにオオカミが目撃。日本のオオカミも100年近く目撃されていないのですが今月ヨーロッパの…

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。…

「これからのゆるやかなお金の流れ」にパネラーとして出ます。

1月27日(土)に関西大学梅田キャンバスで『VALU』のイベントやります。イベントでは、聞いたこ…




PAGE TOP