趣味

シチズン キンダータイム

1968年(昭和43年)にシチズンが製品化した子ども向け時計

昔は結構見かけた時計

シチズンが販売したキンダータムという時計は子どもが容易に時間や時刻が理解できるよう文字盤に様々な工夫がされている。

子ども用とはいえちゃんとしたムーブメントを使用している所がシチズンらしい所でもある。当時2,500円で販売された。

【公式サイトより】

短針の表示は0分丁度の所でなく30度ずつの間に短針の時間を表記したり、長針の針の先に5分きざみに分表示してあり、今何時かわかりやすくなっています。

シチズン キンダータイム(男の子用)


また時間は奇数と偶数で異なる色を配色しているのでとても特徴的なデザインになっています。画像の青と白のキンダータイムの他に緑のキンダータイムもあるようです。
女の子用も発売されていて一回り小さいです。

シチズン キンダータイム(女の子用)


スポンサーリンク


最初に手に入れたのは一回り小さい女の子用の方で、デザインに一目ぼれした私は娘の誕生日にこの時計を贈ろうとアンティーク時計好きの知り合いにお願いして誕生日の数か月前に程度のとても良いキンダータイムを手に入ることができました。
バンドを交換して娘に時計をプレゼントしたのですが

娘の誕生祝に


その時に妻が私もこの時計欲しいというので再度知り合いにお願いして探してもらったのが青と白の時計です。
我家は親子でキンダータイム

当時はけっこう売れた有名機種だそうですが、なにぶん子ども用なので状態がよいものがあまり残っていないそう。生産された数のわりに良いコンディションのを探すのに苦労しそうな時計です。

名称:キンダータイム
ラグ幅:男の子用 16mm 女の子用 12mm
駆動:手巻き

関連記事

  1. 旅行にも連れていけるミニギターを買いました。
  2. 南海電鉄、「新型 高野山ケーブルカー」車両デザイン決定-54年ぶ…
  3. 環状線唯一の踏切があった場所へ聖地参り
  4. そうだ 伊丹空港、行こう!
  5. 1968年製 日付・曜日付き当時「世界一の薄型」といわれた自動巻…
  6. 20年ぶりのモデルチェンジしたジムニーが年間計画を上回る注文キタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

動くものが大好きで、鉄道からエアラインなど幅広く識別できるようだが、バスだけは苦手らしい。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

さようなら うめきたを走り抜ける快速

近所を歩いている時に娘が「はるか」に乗ってみたいと私の家は梅田のうら側の梅田貨物線の近くにありますが…

「これからのゆるやかなお金の流れ」にパネラーとして出ます。

1月27日(土)に関西大学梅田キャンバスで『VALU』のイベントやります。イベントでは、聞いたこ…

ヨーロッパのベルギーで1世紀ぶりにオオカミが目撃される

1世紀ぶりにオオカミが目撃。日本のオオカミも100年近く目撃されていないのですが今月ヨーロッパの…




PAGE TOP