イベント

【新企画】まちづくりの話をしながら器を作る「ソーシャル陶芸教室」の申し込みが始まります。

この記事は2018年4月1日のエイプリルフールのネタとしてアップいたしました。

前からすごく気になっていることがありました。

なぜ人はインタビューの時にろくろを回すような手になるのか。私の疑問と全く同じ内容のまとめサイトを見つけました。

【話題】WEB業界の『ろくろ回し』画像まとめ。 - NAVER まとめ
【話題】WEB業界の『ろくろ回し』画像まとめ。のまとめ

スポンサーリンク

そうそうそうそう!身のまわりの人も同じろくろを回すポーズとっている方多い!それなら、普段関わってるまちづくりや福祉の話をしながら、みんなでろくろを回すと、話も盛り上がるし、ええ器ができるのではないかと考えました。

さっそく、3月にプレイベントを開催しました。プレイベントは、非公開でしたが、予想を超える素晴らしい作品とすばらしいまちづくりの話ができ、大好評でした。

参加者全ての方を、ご紹介できませんが、掲載にOKいただいた方をご紹介しますと

ローカルメディア「地元ナビどっとコム」の御手洗さん

上野北区長

中央区地域包括支援センターの竹越主査

子ども食堂「すみのえ育」の伊達さん

そして、大阪を変える100人会議の施さん

など、皆さんが意欲的に作品を制作されました。

プレイベントの評判などが評判となり大阪市役所のみおつくしの鐘があるP1会議室にて、「ソーシャル陶芸教室」の開催が決定。2018年4月1日から申し込みが開始されます。

イベント開催に向けて大阪市役所市民局連携促進担当課長の渡邊課長は、ろくろが回るように、大阪には大阪環状線が回っています。その真ん中に位置する大阪市役所で開催していただけるとは、とても嬉しいです。残念なのは、土をこねた後手が汚れるので銭湯に入ってすっきりして欲しのですが、近くに銭湯がないのこと。今後の課題として、市民の方や、企業、学生さんらと一緒に取り組んでいきたいとおっしゃっていました。
また申込初日が4月1日であることそして、ろくろを回している器がすでに釉薬も塗られて完成されている点を強調されていたのがとても印象的でした。

関連記事

  1. 和歌山県の加太で11月23日(祝)に結婚式!誰の?
  2. 武藤北斗君『生きる職場』出版記念講演会。
  3. ライフジャケット体験教室
  4. チャレンジオープンガバナンス2017最終公開審査
  5. まちクリエイト!プロジェクト チャレンジコース(本科)
  6. ちはやあかさかに森の学校を創ろう
  7. 祇園祭りは蟷螂山推し!
  8. ゴミはでかいうちに拾え!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

面白く生きることを夢見て今日も頑張っています。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

2019年YouTube始めました。

2019年より新しくYouTubeを始めます。動画による情報発信はとても分かりやすいということを知っ…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

2018年7月高知県幡多郡大月町柏島に行ってきました。(まとめ)

6回にわたって紹介した柏島情報も終わり、まとめを書きます。記事を読んでいただき柏島に行きたいと思った…

阪急南茨木にある「サン・チャイルド」と3.11

茨木市にある素晴らしい像阪急電車で南茨木駅を通過する時に、駅前のロータリーに黄色い人の形をした6…

「これからのゆるやかなお金の流れ」にパネラーとして出ます。

1月27日(土)に関西大学梅田キャンバスで『VALU』のイベントやります。イベントでは、聞いたこ…




PAGE TOP