神戸のアーモンドフェスティバルが超満員な理由

29年も続く東洋ナッツ食品のアーモンドフェスティバル

みなさん、この花は何の花だと思いますか。

この記事でなければ「桜」と言いそうになりますが、察しの通り「アーモンド」の花です。
神戸市の東灘区の深江にある東洋ナッツ食品さんの工場には敷地内にアーモンドの木が植えられており、毎年花が咲く頃にアーモンドフェスティバルが開催されます。

スポンサーリンク

アーモンドの花は桜の花とそっくりで、桜の花よりも2週間ほど早くので、本番の花見が待てない方にとても人気なんです。この気持ちはわかるわ~

会場へは阪神電車深江駅からシャトルバスが運行されており、お子様連れでも安心です。また阪神バスさんが委託で運行しているので、車いすの方でもご乗車できましたよ。

会場はこんな感じで超満員です!

会場では東洋ナッツ食品さんの製品も購入できます。

私は北区中津のソウルフード「さかなっつハイ!」を購入!

会場のある場所が、食品を扱う会社が多いので、会場内でもご近所さんの製品が食べれます。
エム・シーシー食品さんのぼっかけカレーも食べれます。なんとアーモンドスライス振りかけ放題!

さらにまるちゃんも焼きそば店を出店されています。

餅つきは
そんな中でも一押しはこれ「揚げたてアーモンド」です。

アーモンドの花を見ながら、アーモンドの種を食べるって・・・

会場内ではいろんなアーモンドを食べれる他、子ども用にぬり絵も用意されていて、大人も子どもも楽しめます。

これは昔阪急電車に乗ったことがある人でしか記憶にないと思いますが、昔阪急中津駅には「さかなっつハイ!」の看板がありました。1986年(昭和61年)から2005年(平成17年)まで最高で12枚の看板がさかなっつハイ!でした。みなさん思いだしましたか?

写真提供:東洋ナッツ食品株式会社


そう、この件に関しては北区のフリーペーパー「つひまぶ」で記事にして取材に伺ったことがありました。
http://www.city.osaka.lg.jp/kita/cmsfiles/contents/0000414/414045/013.pdf

このアーモンドフェスティバルは、一足早く花見がしたい人達の心をぐっとつかんでいるけど、実はそれだけではありません。
会社のイベントだからと言ってしまうと一言なのですが、とってもきめ細かい配慮で、スピーディーなんです。そこには会社をあげてのおもてなしの気持ちがこもっているのです。

マルシェなどに行くことが増えたのですが、ここに並んでていいのかどうか、ここは何をいくらで売ってるのかなど時々不安な気持ちになるマルシェもありますが、アーモンドフェスティバルは駅から会場に至るまでの案内表示や、会場内の飲食店の準備の早さなどどれをとってもとても気持ちが良いものでした。

この辺にアーモンドフェスティバルが愛される理由があるのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました