イベント

武藤北斗君『生きる職場』出版記念講演会。

事前連絡なしで働きたい日に働くで職場がある

最近話題のフリースケジュールの人とは

私が茨木市にいた頃に、東日本大震災で茨木に引っ越してきたエビの加工食品会社の方と知り合いになりました。その人の名は武藤北斗君。

彼の会社「パプアニューギニア海産」の販売するエビは、天然のエビを船の上で急速凍結する「船凍品」です。漁獲してすぐに選別し頭を取り、水を入れて急速凍結します。陸に戻ってから冷凍するものを陸冷品と言いそうです。その理由はエビは鮮度が落ちると殻が酸化して黒くなってきます。そうすると黒変防止剤を使用しないと見た目が悪くなります。エビの殻を黒くしない方法は上記の2種類のどちらを選ぶかです。

そんな彼が自分の会社の働き方をフリースケジュールというあまりなじみにの無い方法に切り替えました。出勤予定表もなく、働きたい日に休むという画期的な働き方、また自分の得意な作業苦手な作業に〇を付け嫌な作業はしなくてもいいように働き方を改革。その働き方が話題になって、ついに本を出版することになりました。

武藤北斗さん「生きる職場」出版記念講演


金曜の夜19時スタートということもあり、8名からのスタートでしたが、徐々に参加予定者がお越しになり、会場は満員に。いつもお手伝いしてくれている宮崎さんに武藤さんの会社のエビを使った料理を中心にいろいろと作っていただきました。

メインはパプアニューギニア海産のエビフライです


ごぼうとにんじんのガーリックきんぴらを運んでくれる武藤さん。

ごぼうとにんじんのガーリックきんぴらを運んでくれる武藤さん。

石巻に工場があり、震災後大阪にきて、いろいろある中で、「ダメ」だと思ってることは根拠がないことに気が付く。恐る恐るその仕組みを取り払うけど、何ともなかった。むしろ以前よりもよくなったみなたいな話をされ、世の中ってなんとなくよくわからない制度に支配されていることなど、納得の話の2時間でした。

スポンサーリンク


フリースケジュールにしてから生産量はかわらないのにパートさんの人件費が300万も節約になったという話もびっくりしました。

最後に本の紹介をされる武藤さん。この本が出版されたら、どこの誰よりも早く出版講演をしたいのでよろしくと言うわがままにも付き合ってくれ、出版後初の講演会となりました。

武藤さん、手伝っていただいたみなさん、そしてお越しくださった皆様ありがとうございました。

関連記事

  1. ご報告!Re:FURO OSAKAがチャレンジオープンガバナンス…
  2. ちはやあかさかに森の学校を創ろう
  3. 1月21日に「地域公共交通活性化シンポジウム」@紀の川市
  4. 琵琶湖疏水通船2/1(木)9時30分からWebで予約開始
  5. まちクリエイト!プロジェクト チャレンジコース(本科)
  6. 3月17・18日はアーモンドフェスティバルの日です。
  7. 大阪市北区で「まちづくりに疲れた人へ」 モテまち本の谷さんの講演…
  8. わがまち「防災スクール」でクロスロードゲームを

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

なんで?なんで?が大好きな情報収集系オタク。しかし関心がないことは全く学ぼうとしないために、高校時代は学力のバランスが悪かった。
経済学部卒業後、天皇が下賜してできた病院系でソーシャルワーカー10年勤め、突然Web屋を始める。そこから、取引先に騙されるなど不幸になりながら、ECサイト構築できるので自分で物販を始める。
野菜販売がヒットするも同居の親ともめ、家を出て、再度無一文に。
悲劇は繰り返される。(北斗の拳の主題歌へ)
動くものが大好きで、鉄道からエアラインなど幅広く識別できるようだが、バスだけは苦手らしい。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

ピックアップ記事

『土俵と女性問題』に学ぶ緊急時に取るべき行動とは

相撲の伝統をめぐって女性問題が話題になっている 京都府舞鶴市で4日に開催された大相撲舞鶴場所…

お寿司が250円均一なんてうれいおす!豊崎(中津)のすしの助

中津で人気のお寿司屋さん『すしの助』【こんなお店】深夜4時まで営業して、ウニやトロなども含む全て…

さようなら うめきたを走り抜ける快速

近所を歩いている時に娘が「はるか」に乗ってみたいと私の家は梅田のうら側の梅田貨物線の近くにありますが…




PAGE TOP