稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則

この本は経済や経営関係の方が読んだらしごく当たり前のことが書いてあるだけなのですが、まちづくりやコミュニティとかまちの小店主さんからしたら、中々できないけどやるべきことが書いてある。

例えば地域を変える場合身銭を切る必要があると書かれていますが、その金額は決して大きな額ではない、むしろ「いままで『慣例』として垂れ流しになってきた経費を削る」ことでお金を生み出し、それを地域に再投資していくような「お役所頼みではなく、自立して稼ぐ意識を持たなくてはダメだ」ということが書かれてあります。

そのように思うきっかけが、ずっと活動に参加してきた「早稲田商店会」は、活動が評価されて、「社会実験モデル地区」に選ばれ、国から数千万円の補助金が出ることになったそうです。この後に一気にみんながやる気が無くなり、醜い争いが始まったそうです。

今動かない人は、切羽詰まってるんではなくて、別に焦ってもいない状態なんだそうです。そんな話もたくさん載っていてわかりやすいし、納得することが沢山でした。

人口現状や地方の過疎化は、問題があるから人口が減少する、という発想の転換が必要だと思います。まちづくりしてる人は読んで欲しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました