生でもおいしい『馬場茄子』

泉州といえばキャベツにたまねぎに水茄子。その水ナスのご先祖様が今回ご紹介する『馬場茄子』です。
羽曳野の碓井豌豆もそうですが、伝統野菜は土地の名前が入ったものが多いですね。
そんな馬場なすを先日浪速区の木津市場に近いお店で食べる機会がありました。

馬場茄子は水茄子のご先祖様だけあって水分を多く含み、皮がとても薄くて柔らかいです。表面が傷つきやすく流通量が少なく、和食のお店で食べることはできますが、あまり食卓で見ることはありません。

スポンサーリンク


馬場茄子は切った中身の青みが強く翡翠煮もきれいにできます。
『馬場茄子』は市場に行くと入手可能ですが、一見さんが1個で売ってくれる可能性は難しいかもしれません。
大阪市北区中津のボニートーンさんでは毎年馬場茄子売ってますので、気になる方は中津へ起こしください。

あと、茄子やきゅうりは冷蔵庫に保存するより常温保存の方がいいんですよ。カットしていたり、長い日数保管するなら冷蔵庫に入れてもいいですが。
店名:ボニートーン
営業日:平日9:00~17:00
〒531-0071 大阪市北区中津1丁目15−33
電話:06-6373-7774

コメント

タイトルとURLをコピーしました