梅雨の吉野へ行こう!(その1)

近畿大学の経営学部の観光のゼミで吉野に行くので一緒にどうですか?とお誘いいただき一緒に行ってきました。観光地の吉野は桜の季節以外はなんでも観光客が少ないそうでその様子を見に行くことが目的です。

大阪阿倍野から青のシンフォニーでなく急行で吉野へ向かう

橿原神宮駅から単線になり車窓が一変します。いいですね~

吉野口駅まで着ました。

スポンサーリンク

この駅はJR和歌山駅との乗換駅なので停車時間が長いです。それでも高齢者の方には過酷な乗換えでしょうね。ここはJRが管理する駅なので液の標札もJR風です。地図でみるとわかるんですが、近鉄吉野線は高取町からこの吉野口駅方面に迂回するので思ったよりも時間がかかります。

六田(むだ)駅まできました。この辺りでは都会でまわりも賑わいがあります。

六田の駅をでると川の向こうにあの花巴で有名な美吉野酒造が見えます。日本一雨量の多い大台ケ原とまではいいませんが、この辺りも雨の多い地域。なので麹も元気です。昔はその土地その土地の風土にあった食べ物がありました。柿の葉寿司も湿度が多い吉野では干物より塩漬けの文化が育まれたのもうなずけます。

電車は吉野を目指して最後のひと踏ん張り、吉野川を渡ります。

橋梁をわたる姿はこんな感じ。(昨年の8月撮影)

吉野駅に到着すると向かい側に青いシンフォニーが停車していました。なかなか予約できない車両ですが、この列車ができて吉野も人気が出たはず!?この話はまた後で

吉野駅に到着いたしました。これが近鉄吉野駅の正面です。

駅前には数件お土産屋さんが立ち並んでいます。

山菜うどんを食べる。

マスコットキャラもやっぱし桜。吉野といえば桜ですよね。

名称:近鉄吉野駅
住所:〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山6261

続く

コメント




タイトルとURLをコピーしました