旅行

梅雨の吉野へ行こう!(その4)

近畿大学の経営学部の観光のゼミの吉野山観光調査にご一緒させていただきました。

シリーズ4回目となりました吉野の観光調査ですが、いろんな所を拝見してとても観光資源があるのに吉野の人は特にそれを努力して何とかしようとあまり思っていないのかもしれません。

スポンサーリンク

いや個人ではものすごく頑張ってはるのですが、組織(地域)としてはそこまで動きがないのかも知れません。

金峯山寺を降りて下千本に突入です。階段降りてすぐにある萬松堂さん。ここで草もちと吉野本葛あいすをいただきました。

ここの草もちは昭和天皇にも献上されたというほど、食べてみると當麻寺近くの中将餅や姫餅に匹敵する味です。

しかしこの店の1番は草もちだけではありませんでした。何気なく気になったこの「吉野本葛あいす」食べてみるととてもおいしかったです。

正直今ここにあればまた食べたい。去年の夏東吉野に行ったけど、知ってれば吉野山に寄ったなぁ(笑)

みなさんこの「吉野本葛あいす」是非一度食べてみてください。これが花見の時期は食べれないんですね。絶対おいしいのに。

ここからケーブルの乗り場をいったん目指します。(動いてませんが)吉野は普通の家を見てるだけでも感動します。ほら家の前にギボウシ植えているんです。他にもキョウカノコなど植えてはりました。

野菜サイダーと桜コーラ。野菜サイダーって昔はやった大塚製薬の「ファイブミニ」も食物繊維がたくさん入ってお通じが良くなるというのが売りだったので野菜サイダーのカテゴリーなんだろうな(笑)

時々後ろを見るとだいぶ山を降っているのがわかります。それにしても金峯山寺はでかいです。

吉野ではファンが多い「ひょうたろうの柿の葉すし」昔吉野に来たときにお土産に買って帰って食べて感動したことがあります。今日はお休みで食べれませんでした。残念

柿の葉すしは、雨の多い吉野地域は他の地域のように海から来る魚を干物として保存せず、塩漬けにする方法を選びました。そして、それを包む道具にどこでも手に入る柿の葉を選んだわけです。柿の葉すしの味付けは地域によって異なり、昨年東吉野で久しぶりに杣人用の柿の葉すしと言われるのを食べた。今は田中ややまとの柿の葉すしが大阪でも売られていて、味もおいしいけど、吉野よりも山奥では塩辛いんです。きっとこれは通常の柿の葉すしよりもさらに日持ちがするのだと思う。

そして、昔どこの柿の葉すし屋さんか忘れたけど賞味期限をきれた2日目がうまいとおばあちゃんが教えてくれたことを思い出した。

スポンサーリンク


今柿の葉すしは、鯖オンリーか、サーモンとのミックスですが、賞味期限シールを3枚貼って、A社、B社、C社の食べ比べとか売り出したら絶対買うのになぁ。そしてA社がどこの会社か答えて、当たればお土産○%引きとかにしたら絶対面白いと妄想を膨らませながら、吉野山をさらに降ります。

柿の葉すしはこれくらいにして、黒門にさしかかりました。

この黒門は吉野山への総門で、昔は公家、大名といえども馬や駕籠から降り、槍を伏せて通ったそうです。ガイドさんからそんな説明を聞いているときに旅館の送迎バスが通る。昔は大名でも馬から降りたのに、今はマイクロバスに乗ったまま通れるって現代人はどんだけ偉いねん(笑)

半分冗談な話はさておきこの黒門があるおかげ?(せい?)で大型観光バスが吉野山に入ることができず、マイクロバスに乗り換えている。今全国に大江○温○なんとかという施設が増えてますが、大型観光バスが横付けできない吉野は建設目標地にはないそう。

そういう話を聞くことこの黒門がよい意味で昔ながらの吉野山のたたずまいを守ってきたのかもしれませんね。

そんなことを考えながらケーブルの駅(上の方)に到着。下の駅で聞いたゴンドラが近鉄特急の色なのに近鉄系列でないことがいまだに頭から離れません(笑)印象って怖いですよね。

徒歩で吉野駅まで向かうので七曲と言う道を通ります。

ちょうど明日からあじさい祭りなんだそうで、あじさいが咲き誇っています。

京都のお寺のように数年後にはあじさいで人気の場所になるのでしょうか?

そして近鉄吉野駅に戻ってきました。お土産を買って休憩しかえりの急行を待ちます。

近大の後輩でもある吉野駅前の近藤商店さんで吉野の観光の事や売れ筋のお土産の話などを聞く。
近藤商店さんの売れ筋ランクを聞きました。
第3位は山桜くず餅(2ケ入り350円)

第2位はよもぎおやき(1ケ120円)

そして第一位は山桜ようかん(1本780円)

これかって帰りましたが、とてもおいしかったです。
番外編

いわゆる職場用ですね。

そして急行がやってきたので挨拶をしてこの視察を終えました。今回奈良県の吉野山を訪れていろいろと感じることがありました。特にマイカーによる観光により夏場は吉野には来るけど吉野川周辺で泳ぐ世帯など時代の変化で訪れることも変化していっていると思います。

では、夏場に吉野山に人が来るにはどうしたらよいのか?その答えは私の頭ではわかりませんが、ゼミ生がなにかよい知恵を出してくれると思い、このシリーズを終えたいと思います。

店名:近藤商店
住所:〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山63

奈良 吉野山 山桜ようかん 近藤
吉野山で手作り吉野葛桜花入山桜ようかん製造販売しています。

関連記事

  1. 沖縄に行ってきました。⑤お土産編
  2. 東吉野へキャンプに行きました~ ④
  3. 我家の熊野詣(さようなら小栗屋さん)
  4. 梅雨の吉野へ行こう!(その1)
  5. 東吉野へキャンプに行きました~ ②
  6. 沖縄に行ってきました。①出発編
  7. 梅雨の吉野へ行こう!(その2)
  8. 下賀茂(出町柳)の旧三井家下鴨別邸はオススメ観光スポット ②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

なんで?なんで?が大好きな情報収集系オタク。しかし関心がないことは全く学ぼうとしないために、高校時代は学力のバランスが悪かった。
経済学部卒業後、天皇が下賜してできた病院系でソーシャルワーカー10年勤め、突然Web屋を始める。そこから、取引先に騙されるなど不幸になりながら、ECサイト構築できるので自分で物販を始める。
野菜販売がヒットするも同居の親ともめ、家を出て、再度無一文に。
悲劇は繰り返される。(北斗の拳の主題歌へ)
動くものが大好きで、鉄道からエアラインなど幅広く識別できるようだが、バスだけは苦手らしい。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

昭和湯で「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」を開催!

今年初の銭湯イベントを開催銭湯好きの人はゲストハウス木雲(もくもく)さんに集まれ!3月5日に…

ヨーロッパのベルギーで1世紀ぶりにオオカミが目撃される

1世紀ぶりにオオカミが目撃。日本のオオカミも100年近く目撃されていないのですが今月ヨーロッパの…

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。…




PAGE TOP