とっておきの鯖寿司をとっておきの値段でいただきます!

昔は冷蔵庫などが無いので、刺身は漁師さんや漁港でしか食べられませんでした。若狭湾で獲れた鯖に一塩し、夜も寝ないで京都まで運ぶと、ちょうどよい味になっていたとか。で福井県若狭から八瀬の大原を通り出町柳から京都に入りました。京都の入り口である出町桝形商店街あたりに鯖寿司屋が多いのも納得である。

この出町桝形商店街は入口のふたばの豆餅が有名ですが、実は商店街中の満寿形屋も知る人ぞ知る『鯖寿司』のお店。

お店の店頭にお持ち帰り用の極上鯖寿司が売ってあります。

鯖寿司一本買って帰ってペロッと食べるには勇気がいります。そしてまずどんな味なのか一口でもこの口に入れてみたい。そんなあなたの望みをこのお店でかなえることができます。

どういうことかというと、お昼のうどん鯖寿司セットのメニューに鯖寿司が2切れついて1,000円で食べられるのです。これはもう事件です(笑)

ちなみにうどん+鯖寿司セットがお安く食べられるのは、かけうどんときつねうどん。そして夏季限定で冷やしぶっかけうどんの三択です。かけうどんセットが1,000円、きつねうどんセットが1,200円そして冷やしぶっかけうどんのセットは1,300円です。

スポンサーリンク

ちなみに他のメニューとのセットというのはないそうで、その場合同じ鯖寿司2切れを注文しても+1,000円になるそうで、中華そば+鯖寿司などなかなか頼むことができません。私の些細な夢の中に満寿形屋で値段を気にせず食べたいもん+鯖寿司を頼むという望みがあります。この夢はいつかなうのだろうか。

そんな夢を抱きながら注文するうどん鯖寿司セット。食べてみるとわかりますが、いろんな店で食べるうどんセットと比べるとうどんも含めおいしくて、コスパが高いことがよくわかる。

まず驚くのがやっぱり鯖寿司。ここの鯖寿司は思ったよりあっさりしてるのが特徴です。

娘が注文した冷やしぶっかけです。わさびを抜いてくれてますが、いつもはだいこんおろしの上にわさびが乗っています。

これで1人1,000円(冷やしぶっかけは1,300円)なんて幸せすぎます。ぜひお昼に出町柳近くに立ち寄ることがあってお時間あるなら並んでみてください。並んでも損はしないお値打ちがあります。

店名:満寿形屋
住所:京都市上京区枡形通出町西入ル二神町179

コメント

タイトルとURLをコピーしました