ライフログ

今年の北区民カーニバルは何かが違う!?

昨年は雨で中止になった大阪市北区の区民カーニバル。大阪市内のどこの区でもそうなのですが、区役所や、区民センターを受託している大阪市コミュニティー協会が主催しているこのお祭りは、区民の方を対象にしているお祭りで、どの区でも30年を超える伝統があります。

しかし、一部からは、地振(いわゆる自治会)に入ってる人だけの祭りだとか、コミ協の祭りだとか言われていることも。

たしかにそういう一面があるのかもしれません。行政の言う『地域の人というのは地域に住んでいる人ではなく、地域の役をやっている人』という考えがあります。

北区民カーニバル:引用元北区役所

そんな感じで主に地域で活動をされている人をターゲットに行われてきたお祭りも最近では、町会加入率の低下、マンション住民との接点を探して趣向が変わってきました。平成30年に30周年記念となる大阪市北区の北区民カーニバル。第1回は平成元年なんですね。そのころと比べるとコミュニティという意味はだいぶ変わってきました。

スポンサーリンク

そんな社会情勢を鑑み、北区民カーニバルは例年と比べおおきく変わりました。昨年は雨で中止のために単純に比較できませんが、まずはこのチラシをご覧ください。

例どおりの地域の集まり1色でなく、30周年記念行事としてのパン&スイーツホリデーマーケットを前面にだして、北区民以外の方も含めて多くの参加者に来ていただこうという趣向が伺えます。参加者が増えれば、ブースを見てくれる人数もおのずと増えますもんね。

広報のスピードが遅いと言われている行政が、今回は丁寧に届いてほしい人に向けて発信しています。

Instagramでも情報発信をしたり、Facebookでカウントダウン投稿されたりもしています。こんな発信今までなかったですね。

その発信が届いてほしい方以外にも届きだし、成30年度北区民カーニバル・30周年記念事業は例年以上の来場者数になると思います。今年の成30年度北区民カーニバル・30周年記念事業はそんな意味で私も楽しみにしています。

関連記事

  1. ヨーロッパのベルギーで1世紀ぶりにオオカミが目撃される
  2. 地域の敬老会でPTAについて考える。
  3. 阪急南茨木にある「サン・チャイルド」と3.11
  4. 大阪でこれ以上銭湯の数を減らさないように頑張ってきました。
  5. 『ジモト満載 ええ街でおま!』に出演しました。
  6. 身近なコミュニテイに浸りすぎた罠
  7. 街中のロボット4 (大阪市西成区)
  8. 太陽の塔の内部が48年ぶりに公開!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

面白く生きることを夢見て今日も頑張っています。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

2018年冬の買い物はPayPay決済で娘のクリスマスプレゼントを

ここにきて急加速のQRコード決済みなさんこんばんわ。今年の冬は何か買い物する予定はございますか?…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

ヨーロッパのベルギーで1世紀ぶりにオオカミが目撃される

1世紀ぶりにオオカミが目撃。日本のオオカミも100年近く目撃されていないのですが今月ヨーロッパの…

阪急南茨木にある「サン・チャイルド」と3.11

茨木市にある素晴らしい像阪急電車で南茨木駅を通過する時に、駅前のロータリーに黄色い人の形をした6…

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。…




PAGE TOP