愛媛にある「紫電改展示館」

太平洋戦争開戦時領土を広げていった日本軍も、戦況が悪化しアメリカに本土を狙われるようになってきました。そこで高性能迎撃機の開発が必要になり、さまざまな飛行機ができましたが、海軍の局地戦闘機「紫電改」はその中で白眉でした。紫電改とは紫電の改良版。紫電は水上戦闘機「強風」を改造したので、陸上機として再設計した戦闘機が紫電改である。その紫電改が昭和53年11月、愛媛県南宇和郡城辺町久良湾の海底40mに原型のまま沈んでいるのが地元ダイバーによって発見され、翌年7月14日実に34年ぶりに引き揚げられました。そして引き上げられた近くに「紫電改展示館」を建てて展示されています。

この建物は無料で入場できます。

スポンサーリンク



そしてこの紫電改を見に多くの方がこの地を訪れています。

施設名:紫電改展示館
住所:〒798-4110 愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城689−1 馬瀬山頂公園内

コメント




タイトルとURLをコピーしました