京都ぎらい

うちの母は京都の生まれなので、京都の血が半分混じっているというた時に1/5位の人が京都のどこと聞いてきて、二条城のそばですと言うと関心される。何を感心されるのかずっとわからなかったのですが、「京都」という言葉にはそんな不思議な力がある。

そんな京都のことが良く書かれている本がこの井上章一さんの「京都ぎらい」である。タイトルからして京都がきらいなことが書いてあるのだが、自分は京都の嵯峨の生まれなので、本当の京都人ではないと書いてはります。本当の京都はいわゆる洛中であると。洛中って一体どこからどこまでなんだろうと

それにしても今はちょっとした表現でも差別と言われるのに、京都人のことはなぜに問題にならないのだろうか。京都独特の「いけず」はなぜ嫌味がないのでしょうか。そんなことがとても気になってきました。

そんな疑問をいだいていたら虚構新聞のこんな記事が目にとまった。虚構新聞はは、虚実の狭間を行き交う可能性世界の事件を報道するニュースサイトです。

スポンサーリンク

つまりは冗談なのですが、井上さんの『京都ぎらい』を思い出して面白かったです。

「よそさん」防ぐ壁建設を 市民団体が構想発表 京都
 京都市民でつくる市民団体「町衆連合京都」は29日、非京都市民の流入を防ぐため、市全体を取り囲む壁の建設構想を発表した。今後署名活動などを通じて、市に建設を訴えたいとしている。 構想によると、壁の高さは20メートルで、全長は約30キロ。北大路通、...

京都なら本気でやりそうで怖いです。

関連記事

  1. 稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則
  2. あなたもニュータイプになれる?行動経済学が学べる漫画「ヘンテコノ…
  3. 功名が辻
  4. マイパブリックとグランドレベル
  5. 問題は「タコつぼ」ではなく「タコ」だった!? 「自分経営」入門
  6. 父という病
  7. 支援困難事例と向き合うー18事例から学ぶ援助の視点と方法
  8. ヨチヨチ父 ーとまどう日々ー ヨシタケ シンスケ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

面白く生きることを夢見て今日も頑張っています。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

2019年YouTube始めました。

2019年より新しくYouTubeを始めます。動画による情報発信はとても分かりやすいということを知っ…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

ヨーロッパのベルギーで1世紀ぶりにオオカミが目撃される

1世紀ぶりにオオカミが目撃。日本のオオカミも100年近く目撃されていないのですが今月ヨーロッパの…

「これからのゆるやかなお金の流れ」にパネラーとして出ます。

1月27日(土)に関西大学梅田キャンバスで『VALU』のイベントやります。イベントでは、聞いたこ…

お寿司が250円均一なんてうれいおす!豊崎(中津)のすしの助

中津で人気のお寿司屋さん『すしの助』【こんなお店】深夜4時まで営業して、ウニやトロなども含む全て…




PAGE TOP