趣味

ありそうでなかった南海6000系(現色)が鉄コレで登場。

南海6000系は高野線に使用される20m4扉・オールステンレス車体の通勤形電車である。 高野線は橋本から先の山岳部はカーブが多く17mの車両しか走れないのですが、その手前の橋本までと相互乗り入れしている泉北高速線には20mの車両が走っています。

極楽坂まで行く特急こうやは17mなのです。

そんな高野線で1962年から活躍しているのが6000系で実に半世紀以上も走っています。
そんな南海6000系(現役色)ですが、Nゲージでは実は販売されてませんでした。

スポンサーリンク

しかし新型車両の発表の報道があり、古い車両から随時廃車が決定した2018年に鉄道コレクションとして発売が決定いたしました。

[南海のホームページより引用]

南海ファンには朗報ですね!先行販売は2018年12月1日(土)堺駅プラットプラット1F 太陽の広場だそうですが、これは2両セットにのみの販売だそうで4両セットの販売は
泉ヶ丘ひろば 鉄道コレクション・南海6000系冷房改造車4両セット先行販売会
2018年12月8日(土)だそうです。

関連記事

  1. シチズン キンダータイム
  2. 旅行にも連れていけるミニギターを買いました。
  3. そうだ 伊丹空港、行こう!
  4. 南海電鉄、「新型 高野山ケーブルカー」車両デザイン決定-54年ぶ…
  5. 環状線唯一の踏切があった場所へ聖地参り
  6. 20年ぶりのモデルチェンジしたジムニーが年間計画を上回る注文キタ…
  7. 11月11日はチンアナゴの日
  8. 1968年製 日付・曜日付き当時「世界一の薄型」といわれた自動巻…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

面白く生きることを夢見て今日も頑張っています。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

「これからのゆるやかなお金の流れ」にパネラーとして出ます。

1月27日(土)に関西大学梅田キャンバスで『VALU』のイベントやります。イベントでは、聞いたこ…

阪急南茨木にある「サン・チャイルド」と3.11

茨木市にある素晴らしい像阪急電車で南茨木駅を通過する時に、駅前のロータリーに黄色い人の形をした6…

昭和湯で「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」を開催!

今年初の銭湯イベントを開催銭湯好きの人はゲストハウス木雲(もくもく)さんに集まれ!3月5日に…




PAGE TOP