11月11日はチンアナゴの日

みなさんはチンアナゴをご存知すか?

チンアナゴはウナギ目アナゴ科に属する海水魚の一種。 流れの強い珊瑚礁外縁部の砂底に生息し、頭部を外に出して潮の流れに乗ってくる動物プランクトンを捕食している。

チンアナゴは珍しい「珍アナゴ」から来たのではなく顔が犬のチンに似ている所から付けられました。


かつてダイビングで見たことがありますが、自然界のチンアナゴはとても警戒心が強く近づくと穴に潜ります。

スポンサーリンク

もうお分かりと思いますが、ポッキーやプリッツのように並んでいる姿が数字の「1」ぽいところから、11月11日はチンアナゴの日なんだそうです。

各地の水族館では今週末はチンアナゴイベントが開催中です。京都水族館もおもしろいイベントがありますので是非いかがでしょうか。

チンアナゴの新種発見!採取されたひが実はチンアナゴの日

チンアナゴは灰色に黒い斑点の「チンアナゴ」とオレンジに白のラインの「ニシキチンアナゴ」がいますが、実は奄美大島で2016年11月に採取されたチンアナゴが実は新種で2018年5月に「ニゲミズチンアナゴ」と命名されました。

新種ニゲミズチンアナゴ大島海峡で発見
 奄美大島と加計呂麻島を隔てる大島海峡で2016年に採取されたチンアナゴが、専門家の調査で新種だと分かった。台湾国立海洋生物博物館特別研究員の小枝圭太氏らが調査して標準和名を「ニゲミズチンアナゴ」と名付け、8日に発行されたニュージーランドの

なんとこの「ニゲミズチンアナゴ」が採取された日が11月11日とは・・・この事実だけでも十分11月11日はチンアナゴの日ですよね。

コメント




タイトルとURLをコピーしました