iPhoneの「3,200円のバッテリー交換」は年内まで でiPhoneSEが新品になった

年内までお得なappleでのバッテリー交換

昨年末から話題となっていた使っているうちにバッテリーが劣化したときにピーク性能を落とすことが話題になり、appleはその補償や対策として、Appleは保証対象外でもiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から3,200円に値下げをしました。このキャンペーンは年内までです。

画像元:Apple公式サイト


スポンサーリンク

うまくいけば寿命が延びる!?

iPhone6以降(iPhone SE を含む)の機種を持っている方で、まだ買い替えの予定がない方はぜひ交換をしましょう。iPhone6は発売から4年近く経っているので、ここで3,200円で交換できればさらに長く使えます。

人によって評判がちがうGenius Barでのバッテリー交換

いくら3,200円だからと言ってみなさんにとってお得かというとそうではない場合もあります。
「バッテリーを安く交換してくれるの? じゃあ行ってこよう」と気軽にアップルストアに行った消費者からすると納得できませんが、Appleは当初から公式ウェブサイト上で「バッテリー交換の障害となるダメージは新しいバッテリーを取り付ける前に修理されないといけない。その修理は無料ではない」と書いてあります。

本体に傷があったり欠けがあるとバッテリー交換に応じてくれないそうです。

私はどうだったのかというと、実は・・・

本体の外観は異常なしで無事に交換できると言われましたが、受け取り時間にもらいに行くと、バッテリーをとめているテープがドロドロに溶けていて外せなかったので本体ごと交換させていただきました。

人によってはバッテリー交換に応じてくれない方もいらしゃると思いますが、私のようにまるごとさらになる人もいることを書き留めておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました