えっ!?電車の結婚式に参列しに加太へ(その4)

愛が、おおすぎるNANKAIの加太線の結婚式は鉄道マンの愛がたくさん詰まったイベントでした。

ピンクの電車「さち」が入線し、式が開始されました。

みんなが拍手と歓声で電車の入線を迎えます。地域の人たちや子どもたちがお出迎えするのでとてもほのぼのとした雰囲気です。

スポンサーリンク

人がたくさん来る前に写真撮影を

結婚式は加太春日神社の宮司さんが担当。本気です。

そして結婚式が始まりめでたく2編成?は結ばれました。(連結するのかと思ったらさちは営業中なのでそれはないようです)くす玉割と鏡開きです。

お祝いのくす玉が割られました。

祝いの酒を飲みます。横にはソフトドリンクも

うちの一家は電車で来たので飲みます~。

内祝いもいただきました。

式が終わると加太線の出発時間になりさちが普通に和歌山市駅に向かって出発します。

さちは忘れ物をしたために和歌山市駅に忘れ物を取りに行ったと司会の方はおっしゃってましたが、その間お隣のかいの車内ではワークショップが始まります。

「旨」×「甘」×「酸」のコラボ休暇村オリジナルバーガー「熊野牛×みかんバーガー」

おいしい!

加太の休暇村行けば食べれるらしいです!

地元加太の海産物も

チリメンモンスター探し

タコ発見!

ワークショップ大忙しです。

駅の外ではたこセンと

抽選会です。抽選会ではなんと

1等賞!!「加太」と書いた前掛けをいただきました。

そうこうしているうちに忘れものを取りに行ったさちが戻ってきますとのアナウンスがあり駅に戻る。さちが加太に戻って来て降りてきたのは

新郎と新婦!?

やっぱし本物の新郎新婦がいると会場は盛り上がりますね。そしてさちとかいにもヘッドマークが付けられました。

このさちに乗って帰る人も多かったですが、めちゃくちゃ盛り上がりました。私たちは加太観光きっぷもあるし、加太の町を観光することに

コメント

タイトルとURLをコピーしました