旅行

えっ!?電車の結婚式に参列しに加太へ(その5)

愛が、おおすぎるNANKAIの加太線の結婚式は鉄道マンの愛がたくさん詰まったイベントでした。

南海の加太駅から加太の町を歩くことにしました。加太は昔潮干狩りや釣り、淡嶋神社そして友ヶ島に行くの来たことがあるなじみがある漁港です。通いはじめた学生の頃から変わらない場所もあるし、変わった場所もあります。
まず加太駅前の姫路屋さん。加太に電車で来たのが初めてだったので駅前のこのお店を見るのは初めてです。海岸沿い「姫路屋浜店」があるはきっと関係あるのでしょうね。でもなんで屋号が『姫路』なんでしょうね。

まっすぐ南に向かい、淡嶋街道沿いに淡嶋神社に向かうのがおすすめのコースみたいなのでその通りに歩きます。

川に出ると川沿いに河口に向かいます。

スポンサーリンク


加太の街並み。歩くと気が付くのですが、空き家が目立ちます。

ここも空き家ですね。

子どもは自転車に竿を立てて走ってきます。漁港らしい風景です。空き家見た後なのでなんだかほっとします。

加太名物よむぎ餅 「先田本家」。食べたことはありますが、お店を見るのは初めてです。「よむぎ」は加太のなまりなのか?「よもぎ」のこと。

大阪よりも瓦が重層ですね。風がつよいからかしら

このレンガの建物はなんの倉庫なんだろう

潮の香りがするようになると加太の海が見えてきました。

釣り客の宿屋さんがちらほら

淡嶋街道を一路淡嶋神社に向かいます。よもぎ餅で有名な小嶋商店に

おく貝!?覗き込んだ限りではウチムラサキ(大アサリ)ぽい貝です。魚や貝は地域により名前が違うので判別が難しいですね。

観光地でこんな看板が残っているのもいいですよね。

今は営業してないタバコやさん。販売機の中身がマイルドセブンの2個前の柄でした。(私がまだタバコを吸っていた時代。)

淡嶋街道の中で一番すごい空き家。今にも倒壊しそうでした。これは相当前の空き家。

このカーブを曲がると遠くに淡嶋神社の鳥居が見えてきました。

関連記事

  1. 梅雨の吉野へ行こう!(その3)
  2. 13年ぶりに高知県柏島に行ってきました。(その6)
  3. えっ!?電車の結婚式に参列しに加太へ(その4)
  4. 新大阪~大阪間160円を7時間かけて旅をする
  5. 堺市と蘇鉄(ソテツ)
  6. 13年ぶりに高知県柏島に行ってきました。(その5)
  7. 沖縄に行ってきました。②移動編
  8. 沖縄に行ってきました。③親類訪問編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

面白く生きることを夢見て今日も頑張っています。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

2018年冬の買い物はPayPay決済で娘のクリスマスプレゼントを

ここにきて急加速のQRコード決済みなさんこんばんわ。今年の冬は何か買い物する予定はございますか?…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

お寿司が250円均一なんてうれいおす!豊崎(中津)のすしの助

中津で人気のお寿司屋さん『すしの助』【こんなお店】深夜4時まで営業して、ウニやトロなども含む全て…

ヨーロッパのベルギーで1世紀ぶりにオオカミが目撃される

1世紀ぶりにオオカミが目撃。日本のオオカミも100年近く目撃されていないのですが今月ヨーロッパの…

さようなら うめきたを走り抜ける快速

近所を歩いている時に娘が「はるか」に乗ってみたいと私の家は梅田のうら側の梅田貨物線の近くにありますが…




PAGE TOP