Let’s note修理メモ「PCIデータ取得およびシグナル処理コントローラ」

Let’s noteの修理をしているときにHDDを換装させて、立ち上げたあとにネットにつないでいれば、ほぼほぼ自動でドライバを拾ってくる便利な時代になりました。
Windows95の時代はこまめにドライバを更新してやらないと不具合や細かいバグがあり、今のような自動で更新プログラムを拾ってきて当ててくれる時代でありません。その時の癖が抜けないのか、どうもパソコンをいじった時にデバイスマネージャーに不明なドライバがあれば不安になります。特に通常問題ないなら他にすることたくさんあるのにね。

スポンサーリンク

今回Let’s noteの修理で初めての経験がありました。デバイスマネージャーに”PCIデータ取得およびシグナル処理コントローラ”のドライバがありません。

見たことない症状に出会うというのは不安になりますね(笑)
いろいろ調べて結果Let’s noteSX3とNX3はWindows10へのアップデート情報がPanasonicの公式にあるのですが、SX2やNX2はWindows8までしかアップデートはサポートされていませんので、そのページから必要なものをインストールいたします。
こちらはSX3とNX3はWindows10へのアップデート情報


SX2とNX2はWindows8へのアップデート情報はこちらから


そこからCF-NX2J、NX2Kシリーズ Windows 8アップグレード対応モジュールに行きます。


PCIデータ取得およびシグナル処理コントローラに該当するドライバはIntel(R) Dynamic Platform & Thermal Framework ドライバーです。

不明なドライバが消えるとうれしいのは私だけでしょうか?(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました