ライフログ

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。人は話の会話や実際の距離でこれ以上入って来られるとストレスを感じるってことがあります。

庵野秀明監督の新世紀エヴァンゲリオンではそれを『ATフィールド』と言っていますが、なかなか的を得た表現だと思います。作中で赤城リツコが『ヤマアラシのジレンマ』ってご存知?と説明くさい台詞がありますが、『ヤマアラシのジレンマ』とは哲学者ショーペンハウエル氏の寓話を元に心理学者フロイト氏が作った人間関係に関するたとえ話。人間関係で、お互いに近づきすぎると傷つき傷つけてしまい関係が悪化する。かといって距離をとると疎遠になり、親密な関係が築けない。人にはそれぞれの最適な距離感があるというお話。

スポンサーリンク

新世紀エヴァンゲリオンは実はこのように心理学を学べる内容が隠されていて、後半でも『自由』とは何かを考えさせられるシーンもあり、中々奥深い作品です。

『ヤマアラシのジレンマ』では近づきすぎるとお互いが傷つき、距離をとると疎遠になり、親密な関係が築けない。と言うのは書いてある通りなのですが、地方の暮らしと都会の暮らしではまったく違います。

社会学者「アーヴィン・ゴフマン」が提唱した概念に儀礼的無関心(civil inattention)というのがあります。

都会に住むものとして、他人に対して無関心を装うように振る舞うことがルールのようになっています。これは電車やデパートなどのエレベーターの中などがわかりやすいです。

例えば電車の中で見ず知らずの人が自分が欲しい商品を買った箱らしき包みを持っていても決して「ええの買わはりましたね。それ私も欲しいんですわ」とは言わないです。

また儀礼的無関心(civil inattention)は無視はしません。

マンションで住民同士がすれ違うと挨拶はします。ただし挨拶だけです。

都会に住んで今コミュニティづくりと言われていますが、地方と異なるのはこの儀礼的無関心(civil inattention)という特徴があります。そして、人が多いのでコミュニティができた時に人数が多いことが多くそこに集団が大きくなるにつれて、集団の構成員1人あたりの能力発揮は低下していく「リンゲルマン効果」も加わり、下手をすると前に進まない状態になります。

このリンゲルマン効果を打ち破るのが『大阪のおばちゃんのお節介』だと最近思うんですが、お節介バンザイかと思うと、それが『ヤマアラシのジレンマ』のお互いが傷つくことにいきつくような気がして、難しいなぁと思っています。

関連記事

  1. 神社検定なるものがあるらしい!
  2. 人は何かの犠牲無しに何も得ることができない
  3. 地域の敬老会でPTAについて考える。
  4. 儲からなくなったVALUの世界に残ったのは面白い人達だけだった
  5. ピンチをチャンスに(悪いやつに負けるな)
  6. 阪急南茨木にある「サン・チャイルド」と3.11
  7. 『土俵と女性問題』に学ぶ緊急時に取るべき行動とは
  8. 『ジモト満載 ええ街でおま!』に出演しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

面白く生きることを夢見て今日も頑張っています。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

2019年YouTube始めました。

2019年より新しくYouTubeを始めます。動画による情報発信はとても分かりやすいということを知っ…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

さようなら うめきたを走り抜ける快速

近所を歩いている時に娘が「はるか」に乗ってみたいと私の家は梅田のうら側の梅田貨物線の近くにありますが…

阪急南茨木にある「サン・チャイルド」と3.11

茨木市にある素晴らしい像阪急電車で南茨木駅を通過する時に、駅前のロータリーに黄色い人の形をした6…

「これからのゆるやかなお金の流れ」にパネラーとして出ます。

1月27日(土)に関西大学梅田キャンバスで『VALU』のイベントやります。イベントでは、聞いたこ…




PAGE TOP