都市と郊外をつながる仕組みづくり

子どもの食育

大阪市内は平野区など東の方以外はほとんど田んぼや畑がありません。都会に住む子は実際に野菜の実ってる姿を見ることはありません。

しかし、車で1時間も走らなくても自然豊かな場所はあります。そんな郊外に畑を借りて、みんなで野菜を植えて、たわわに実った野菜を収穫して食べよう、今そんな事を考えています。そして、そんな思いに共感してくださったある方と、知り合いが農家をしている北摂の農村で顔合わせと話をしてきました。

頻繁に通うにはできるだけ近い距離が好ましいですが、住宅地の中に畑があるような風景だと、子ども達も感動が薄らぐと、農村の風景がある地域で探します。

スポンサーリンク


北区を出て新御堂を北上して、渋滞に会わなければ40分もすればこのような風景が見えてきます。

目的地には直売所もあり

大人が目を離さなければ安全に入れる川があり

都会の川では見ることができない生き物をここでは見つけることができます。画像はミズカマキリです。

見学を終えて、都会と郊外でつながればどんな関係が構築できるかを話し合う。

  • 子ども達が通って野菜をつくる菜園
  • 子ども食堂用の野菜を依頼する関係づくり
  • 加工所を利用した味噌や豆腐づくり
  • 津波等災害時の避難場所としての協力

など一つずつ丁寧に積みあがていきたいと思います。今は春から野菜が植えれる畑を探しています。

スポンサーリンク


現地の農家の知り合いの畑を見学させてもらい。

菜園に貸してもらえそうな畑を探してもらっています。
畑の候補地

このつながりが実現できるかどうか、不安よりも楽しみの方が大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です