ライフログ

大阪で銭湯プロジェクト(仮)が立ち上がりました。

大阪市は全国の政令都市の中でも銭湯が一番多い市だそうです。しかし、近年急激に銭湯が減ってきており今は24区に300件を切っている状態だそうです。

家庭内浴槽が増えている世の中ですが、銭湯とは家に風呂が無い世帯だけの存在なのだろうか。

画像提供:昭和湯


銭湯が減少している理由とその存在意義、最近多くの人が銭湯に関心を持っていることは確かです。

スポンサーリンク

そして大阪市内で有志による銭湯プロジェクト(仮)が立ち上がりました。
コアメンバーは、行政の人、地域活動されてる人、IT関係、風呂屋の関係者などが集い、銭湯は現在衰退している業種だが、今後銭湯は地域に必要になってくること。

またなぜ銭湯がこれから地域に必要なのか、その理由を考えたり、銭湯をもっとみんなが利用してくれるようにはどうしたらいいのかを考えました。
銭湯経験者からは銭湯業界も高齢化で設備の割には儲からない、また耐久年数を越えた機材が多く今後設備が壊れていく中で若者が跡を継ぐことは想像以上に難しいなどの意見が出ましたが、今ある銭湯を少しでも廃業にならないように少しずつ業界を盛りあえげて行くことも必要ではないかと、銭湯を盛り上げていくプロジェクトを立ち上げました。
そんな中、10月10日の銭湯の日にKANDAI Me RISE – 関西大学 梅田キャンパスで銭湯プロジェクト(仮)キックオフミーティングがありました。

その時に私も登壇させていただきました。

この集まりが地域資源としての銭湯の重要性を多くの人に伝えることができるかどうか。
私も頑張ります。

10月16日に読売テレビの関西情報ネットten.に我家が出ています。

かんさい情報ネットten. | 読売テレビ
伝えます、ten.のチカラ。関西で一番知りたいニュースを、どこよりも早く、わかりやすく、エネルギッシュに、デスク陣が徹底解説!地域密着情報も詳しくお伝えします!
銭湯の盛り上がり方がすごいです。

関連記事

  1. さようなら阪和線103系
  2. ピンチをチャンスに(悪いやつに負けるな)
  3. 『Master of Life』をハッチアウトしました。
  4. 身近なコミュニテイに浸りすぎた罠
  5. さようなら うめきたを走り抜ける快速
  6. お正月にテレビを見て思ったのはCMが「トリバゴ」だらけだったこと…
  7. 2018年2月の『Master of Life』
  8. 地域の敬老会でPTAについて考える。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

面白く生きることを夢見て今日も頑張っています。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

2019年YouTube始めました。

2019年より新しくYouTubeを始めます。動画による情報発信はとても分かりやすいということを知っ…

管理者へのお問い合わせはお気軽に

ピックアップ記事

阪急南茨木にある「サン・チャイルド」と3.11

茨木市にある素晴らしい像阪急電車で南茨木駅を通過する時に、駅前のロータリーに黄色い人の形をした6…

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。…

昭和湯で「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」を開催!

今年初の銭湯イベントを開催銭湯好きの人はゲストハウス木雲(もくもく)さんに集まれ!3月5日に…




PAGE TOP