イベント

昭和湯で「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」を開催!

今年初の銭湯イベントを開催

銭湯好きの人はゲストハウス木雲(もくもく)さんに集まれ!

3月5日に東淀川区のゲストハウス木雲(もくもく)さんで「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」を開催いたしました。

facebookイベントページはこちら

ゲストハウス木雲(もくもく)


私が企画するイベントとしては珍しく定員越えの20名近い方がお集まりくださいました。

「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議

銭湯の見学からイベントははじまりました。

まず初めに昭和湯を見学します。
外も

昭和湯を外から見学


中も見学、営業前なので女湯、男湯どちらも見しました。そして冷蔵庫から好きなジュースを1本もらいゲストハウス木雲(もくもく)へ移動し、スタートです!

スポンサーリンク

「みんなの大阪銭湯図鑑編集会議」がはじまりました。

京都からは京都銭湯イラストガイド「ひつじの京都銭湯図鑑」の著者大武さんをお招き

京都銭湯イラストガイド「ひつじの京都銭湯図鑑」の著者大武さん


大阪からは、今回の会場銭湯つきゲストハウス木雲(もくもく)の森川さん(すぐ近くの昭和湯は実家)

ゲストハウス木雲(もくもく)の森川さん


このお2人の話も交えながら参加される皆さんにも銭湯についての想いを語っていただきました。

銭湯について語る大武さん


参加型イベントなので皆さんにも大好きな銭湯の事を書いていただきました。

それぞれ大好きな銭湯の事を書いていただく


そして皆さんに発表していただきます。みなさんとても魅力的に話すので行ってみたくなりました。

1人ずつ発表


途中でGOGOパクチーの田淵さんも駆けつけて銭湯についての想いを語っていただきました。

GOGOパクチーの田淵さんも


その後時間が来たので集合写真を撮って解散になりましたが、その後は座談会になりました。

皆さんで集合写真


お酒を飲みながら銭湯の話に盛り上がりました。

Bar MokuMokuの時間です。


今度また違うところで銭湯イベントをやりたいですね~。

日時:2017年3月5日(日)13時~
会場:銭湯つきゲストハウス木雲(もくもく)
− 営業前の昭和湯を見学&森川さんより挨拶
− 大武さんによるトーク
− みんなの大阪銭湯図鑑、編集ワークショップ
参加費:1,500円(ソフトドリンク+大阪市銭湯入浴券付)
定員:~20名

関連記事

  1. おっちゃんと仕事終わりの銭湯行ってきました。
  2. 2月10日住之江区で防災イベント参加します。
  3. 【新企画】まちづくりの話をしながら器を作る「ソーシャル陶芸教室」…
  4. さよならレンコン畑!最後のレンコンHoliday!
  5. 1月12日 豊中市で「この世界の片隅に」上映!
  6. 「これからのゆるやかなお金の流れ」に参加してきました。
  7. Re:FURO OSAKA ミーティング vol.2
  8. 大阪市北区で「まちづくりに疲れた人へ」 モテまち本の谷さんの講演…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

なんで?なんで?が大好きな情報収集系オタク。しかし関心がないことは全く学ぼうとしないために、高校時代は学力のバランスが悪かった。
経済学部卒業後、天皇が下賜してできた病院系でソーシャルワーカー10年勤め、突然Web屋を始める。そこから、取引先に騙されるなど不幸になりながら、ECサイト構築できるので自分で物販を始める。
野菜販売がヒットするも同居の親ともめ、家を出て、再度無一文に。
悲劇は繰り返される。(北斗の拳の主題歌へ)
動くものが大好きで、鉄道からエアラインなど幅広く識別できるようだが、バスだけは苦手らしい。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

ピックアップ記事

阪急南茨木にある「サン・チャイルド」と3.11

茨木市にある素晴らしい像阪急電車で南茨木駅を通過する時に、駅前のロータリーに黄色い人の形をした6…

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。…

ヨーロッパのベルギーで1世紀ぶりにオオカミが目撃される

1世紀ぶりにオオカミが目撃。日本のオオカミも100年近く目撃されていないのですが今月ヨーロッパの…




PAGE TOP