イベント

わがまち「防災スクール」でクロスロードゲームを

淀川区の中学校で防災授業

北区中津から淀川を渡った十三で「防災スクール」の授業を実施しました。

この授業は中学生を対象として『防災の日を契機に災害時の危機管理の啓発と知識・技術の習得及び体験を通して次世代の育成を図ります』を目的としています。
朝からの雨により外でなく屋内での開催になりました。

わがまち「防災スクール」のプログラムは5つ

  1. 土のうづくり
  2. クロスロード
  3. 救出体験
  4. ロープの使い方
  5. 車いす

私は2番のクロスロードゲームを担当いたしました。

クロスロードゲームとは

災害対応カードゲーム教材「クロスロード」は、カードを用いたゲーム形式による防災教育教材である。

ゲームの参加者は、カードに書かれた事例を自らの問題として考え、YESかNOかで自分の考えを示すとともに、参加者同士が意見交換を行いながら、ゲームを進めていくゲームです。

目的は

  1. 災害対応を自らの問題として考え、また、様々な意見や価値観を参加者同士共有すること。
  2. 災害対応においては、必ずしも正解があるとは限らず、また、過去の事例が常に正解でないこともある。ゲームを通じ、それぞれの災害対応の場面で、誰もが誠実に考え対応すること、また、そのためには災害が起こる前から考えておくことが重要であることに気づくことが重要である。

このボードを使って『クロスロード』の説明をいたします。

その後問題を読み上げます。YESかNOに分かれ、その後近くの人と5~7人で輪になってなんで「YES」(「NO」)を選んだのかをみんなに説明する。また他の人の話を聞く。

外で問題を出す予定なのでプロジェクターでなく、パネルでみんなに見せます。

この日は1学年約160名の生徒さんに考えてみんなで意見交換してもらいました。

淀川管内河川レンジャーとして防災の出前事業もやってます。関心がある方はお気軽にご質問くださいませ。

イベント名:わがまち「防災スクール」
主催:国土交通省近畿整備局淀川河川事務所淀川管内福島出張所 辻川松子河川レンジャーアドバイザー・GR
後援:大阪市立十三中学校元気アップ本部
協力:淀川右岸水防事務組合・平井河川レンジャー

関連記事

  1. ライフジャケット体験教室
  2. 2月10日住之江区で防災イベント参加します。
  3. 10月29日の中津文化祭にバンド出演します。(メンバー募集中)
  4. 武藤北斗君『生きる職場』出版記念講演会。
  5. おっちゃんと仕事終わりの銭湯行ってきました。
  6. あの新宿ダンジョンがリアルに!?しかも大阪で
  7. 『嘘』を『真』に替えましょう~ @大阪天満宮のうそ替え神事
  8. 大阪スマドラキックオフミーティング!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

自己紹介



平井 裕三

社会資源コーディネーター

なんで?なんで?が大好きな情報収集系オタク。しかし関心がないことは全く学ぼうとしないために、高校時代は学力のバランスが悪かった。
経済学部卒業後、天皇が下賜してできた病院系でソーシャルワーカー10年勤め、突然Web屋を始める。そこから、取引先に騙されるなど不幸になりながら、ECサイト構築できるので自分で物販を始める。
野菜販売がヒットするも同居の親ともめ、家を出て、再度無一文に。
悲劇は繰り返される。(北斗の拳の主題歌へ)
動くものが大好きで、鉄道からエアラインなど幅広く識別できるようだが、バスだけは苦手らしい。
メディア掲載・講演履歴はこちらから
主な活動は下のバナーを

関連リンク

大阪市北区のローカルメディア

大阪スマートドライバー

地球の歩き方大阪特派員

淀川管内河川レンジャー

茨木市見山の郷広報アドバイザー

管理者のあんなこんな

はじめまして

ひょんなことで人生を踏み外しまって気が付いたこと普通のありふれた生活が、ある日ちょっとした出来事…

ピックアップ記事

『土俵と女性問題』に学ぶ緊急時に取るべき行動とは

相撲の伝統をめぐって女性問題が話題になっている 京都府舞鶴市で4日に開催された大相撲舞鶴場所…

儀礼的無関心(civil inattention)

人は一人では生きていけません。逆に隣の人に自分のすべてを知られるということがあったらそれは苦痛です。…

『Master of Life』をハッチアウトしました。

2018年1月から『Master of Life』としてハッチアウト当サイトyuzo-pageは…




PAGE TOP