わがまち「防災スクール」でクロスロードゲームを

淀川区の中学校で防災授業

北区中津から淀川を渡った十三で「防災スクール」の授業を実施しました。

この授業は中学生を対象として『防災の日を契機に災害時の危機管理の啓発と知識・技術の習得及び体験を通して次世代の育成を図ります』を目的としています。

スポンサーリンク


朝からの雨により外でなく屋内での開催になりました。

わがまち「防災スクール」のプログラムは5つ

  1. 土のうづくり
  2. クロスロード
  3. 救出体験
  4. ロープの使い方
  5. 車いす

私は2番のクロスロードゲームを担当いたしました。

クロスロードゲームとは

災害対応カードゲーム教材「クロスロード」は、カードを用いたゲーム形式による防災教育教材である。

ゲームの参加者は、カードに書かれた事例を自らの問題として考え、YESかNOかで自分の考えを示すとともに、参加者同士が意見交換を行いながら、ゲームを進めていくゲームです。

目的は

  1. 災害対応を自らの問題として考え、また、様々な意見や価値観を参加者同士共有すること。
  2. 災害対応においては、必ずしも正解があるとは限らず、また、過去の事例が常に正解でないこともある。ゲームを通じ、それぞれの災害対応の場面で、誰もが誠実に考え対応すること、また、そのためには災害が起こる前から考えておくことが重要であることに気づくことが重要である。

このボードを使って『クロスロード』の説明をいたします。

その後問題を読み上げます。YESかNOに分かれ、その後近くの人と5~7人で輪になってなんで「YES」(「NO」)を選んだのかをみんなに説明する。また他の人の話を聞く。

外で問題を出す予定なのでプロジェクターでなく、パネルでみんなに見せます。

この日は1学年約160名の生徒さんに考えてみんなで意見交換してもらいました。

淀川管内河川レンジャーとして防災の出前事業もやってます。関心がある方はお気軽にご質問くださいませ。

イベント名:わがまち「防災スクール」
主催:国土交通省近畿整備局淀川河川事務所淀川管内福島出張所 辻川松子河川レンジャーアドバイザー・GR
後援:大阪市立十三中学校元気アップ本部
協力:淀川右岸水防事務組合・平井河川レンジャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です