ライフジャケット体験教室

小学校でライフジャケット体験教室に行ってきました。

昔から小学生だけで水辺に行くことは危ないから禁止されています。でも怖いから川に近づいては駄目と言ったら好奇心から行ってみたくなるものです。体験することが大切です。

今は小学校の授業で服を着たまま泳ぐ体験を行います。服を着ると普段プールで泳ぐ時に比べ自由が利かなくなります。
もし友達が溺れたのを助けに水に入って、パニックになった友達に抱きつかれたら・・・

スポンサーリンク


そのようなことをイメージしながら、着衣で泳ぎます。例年はこれで授業は終わりでしたが、今ライフジャケットを子ども達に体験させたいとの要望が通り、ライフジャケット体験教室を同時開催させていただきました。

着衣泳の後に、海や川に遊びに行くときは、ライフジャケットを着て遊んでくださいねと言う啓発運動です。

水に浮くことがわかると子ども達はとてもうれしそうです。

その後スローロープで人の救助も見せます。決して飛び込まないで。ロープが無ければ水に浮くものを投げようと。

この授業で地域から水難事故が減ってくれれば何も言うことはありません。

河川レンジャーって何?と思われた方は是非下記のリンクをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です