【個人的メモ】阪急神戸線2019年11月晦日レール欠損による運休

スポンサーリンク

土曜日でまだよかったですかね

阪急電車が、2019年11月30日6時30分くらいから阪急神戸線が運転見合わせ、振り替え輸送を行っている。六甲〜王子公園の天神湯踏切でレール欠損が発生し王子公園駅から閉塞指示運転を行っているため。

阪急電車公式より

先週も京都線で線路破損ってありましたね。

つい1週間前の11月22日にも午前6時50分ごろ、阪急京都線摂津市―正雀間の坪井踏切で、下り線のレールが約3ミリの幅で破断しているのを係員が見つけた。約5時間半にわたり、同踏切では時速10キロ以下の徐行運転を実施。計97本が運休したほか、最大2時間47分の遅れが出た。

ってニュースを見たばかり、最近踏切で線路が破損していることが多いのは気のせいなのか、本当だろうか。

他社でもインシデンスがありましたね。

南海電鉄の特急ラピート

南海電鉄も8月末に難波と関西空港を結ぶラピートの台車にき裂が発見されるという重大インシデントを惹起し、また複数回にわたって特急ラピートの台車にき裂を生じさせていたというニュースをみました。

特急ラピート台車にき裂が発見された重大インシデントおよび台車の安全確保に向けた対策について(お詫び)|南海電鉄

大事故になる前に見つかっているから機能しているとみるのか

現在は本当に細かい情報まで発信する世の中なので、このような情報まで発信されてますが、昔から発信されてなかっただけでよくあったことなんでしょうか?それとも危惧すべきことなのでしょうか。
どなたか教えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました