年末が近づくと思い出す。強烈だったグルーポンのおせち

スポンサーリンク

あれから8年。今考えたら日本が後退するきっかけだったのかも

皆さんは「グルーポンのおせち事件」を覚えていますか?バードカフェ( 外食文化研究所 )が、 「謹製おせち」の名で33品目入の豪華おせち限定300セットを、定価21,000円の半額の10,500円として販売していました。 当時始まったばかりでばんばんCMをしていたグルーポンの商品ということと、おせちが半額ということで、当初300セットの予定が500セットに変更になったそうです。

元旦が過ぎても届かず、届いたてふたを開けたらそこには

私はこのおせちを買ってはなかったので、この事件を知ったのは、購入者がTwitterなどSNSで写真をアップしたときです。
販売はこんな感じでした。

イメージが左で右が実際です。

1月の初旬に市が衛生問題でバードカフェに立ち入り調査。また景品表示法違反だったかを問うため、消費者庁がグルーポン及び外食文化研究所に事情聴取をしたとのこと。そしてバードカフェの2店舗は正月より閉鎖。そのまま休業状態となります。
その後にこのおせちのフィギアなどがでたりもしますが、このおせちはとても強烈でした。そのご3月に東日本大震災があり、この事件は報道される機会が減りましたが、このおせちと、東日本大震災の原発がメルトダウンした後のメルトダウンと認めない政府の対応に、日本のクオリティの限界を感じました。

それからそれから

東日本大震災で5重の壁がうそだとばれた原発ですが、その後、再稼働します。そしてこのグルーポンのおせちを販売したバードカフェの水口さんも数年後にテレビに出て 「そもそも、500食もおせちを作るという実力がなかったので、完全におせちというものをなめていた。軽く考えていましたね」とか、「よく覚えていない」「お弁当を作る感覚だった」 など発言をされ、今は年商7億円の「SURF CAPP Inc.」という飲食店経営者に転身。
なんだかなぁです。私は誰もがやり直せる社会をということをお題目のように言ってはいますが、悪いことをしてもろくに反省もせず、開き直る態度の人でもやり直せる社会になるなら、もっと救まないといけない人がたくさんいるはずです。

会社案内 | 【公式】食の創造 幸せの創造 株式会社SURF CAPP
株式会社サーフキャップのウェブサイト。横浜を中心に居酒屋など様々な業態の飲食店を経営。食を通じて幸せを創造する企業として地域貢献を行っていきます。

日本は格差の差がどんどん広がり、貧乏人はたとえ誠実でも報われない世の中になっています。
嫌ですね。お金がすべての世の中なんて。

このおせちと、震災から8年ですが、2011年以降の日本のメッキのはげかたはひどいですよね。世界が憧れるモノづくりの国だったのになぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました