20年足ふみをしていた国ニッポン

スポンサーリンク

日経新聞で驚きのタイトルが

一部有料ですが、まずはこの日経新聞の記事をご覧ください。
「日本って給料安いんじゃない?」。昨春からジャスダック上場のソフトウエア開発会社で働く香港出身の楊燕茹さん。日本行きを相談した時の両親の心配そうな顔が忘れられない。米国でシステムエンジニアとして働く弟の給料は楊さんの4倍だ。 (下記のリンク先より)

「年収1400万円は低所得」 人材流出、高まるリスク
「日本って給料安いんじゃない?」。昨春からジャスダック上場のソフトウエア開発会社で働く香港出身の楊燕茹さん。日本行きを相談した時の両親の心配そうな顔が忘れられない。米国でシステムエンジニアとして働く

この記事に関連してテレビでも報道されたようです。

日経新聞報道「米国では年収1400万円は低所得」のショック!どんどん貧しくなる日本から逃げ出すべきか
日本経済新聞(2019年12月12日付)が「年収1400万円は低所得」という記事を出し、波紋が広がっている。米住宅都市開発省の調査によると、サンフランシスコでは年収1400万円(4人家族)を低所得者に分類したが、日本では2017年の世帯年収の平均は約550万円で、1000万円を超える世帯は10%強に過ぎないという内容だ...

日本の経済がうまくいってないことを、報道すると現政権の批判になるのか、あまり報道されていませんでしたが、これからは日本も世界規模で考えていかないといけません。どうかこのような話題もっと報道してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました